機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





ハブ結合式シャシダイナモメータシステム(電動方式) 

ROTOTEST
ハブ結合式シャシダイナモメータシステム(電動方式)
0

ROTOTEST® EnergyTM

は、インダストリアル・セミ・ポータブルな

ハブ結合式シャシダイナモメータ

です。本製品は、2005年にROTOTEST社からリリースされたROTOTEST® VPA-RXTMのコンセプトに基づいて開発されました。 ドライビングサイクル最適化のための究極の生産性向上ツールであり、従来型のローラー式シャシダイナモメータに対して、費用面と性能面における極めて高いメリットを提供するとともに、数多くのドライビングサイクルにも対応可能です。

製品一覧を見る

ハブ結合式シャシダイナモメータシステム ROTOTEST EnergyTM カタログ

sample

特長

  • ダイナミック、且つ、エネルギー回生動作 (4象限オペレーション)
  • 慣性シミュレーションが可能なフルドライブサイクル性能
  • ハイブリッド/電気自動車開発用低回転からの高速応答性(2WD/4WD)
  • インストール工数:1日未満
  • 建物を含むインフラ設備費の大幅軽減

ROTOTEST Energy™ 電動シャシダイナモメータは、実際には、各駆動輪のハブに取り付けられた4象限動作が可能なダイナモメータです。ROTOTEST Enregy™は、完全な車両試験をより短時間で、より少ないリソースで行うために、よりを可能にすることによって行われている方法に革命をもたらします。最先端の4象限制御システムとROTOTEST Active Inertia™テクノロジーを利用することにより、車両の慣性(質量)を、真の道路状況に対して電気的にシミュレートできるようになります。

シミュレーション能力の事例として、ECE/EG、US06、FTP75などのようなスタンダードなドライビングサイクル試験があります。また、もう一つの大きな利点は可搬性の高さにあります。完全なシステムは、利用可能性と費用対効果の最大化に貢献します。ROTOTEST Energy™は、産業界で知名度あるROTOTEST VPA-RX™ / VPA-R™テクノロジーをベースとしています。

従来のダイナモメータ(ローラー型)とは異なり、ROTOTEST製ダイナモメータは、高度な真の測定(advanced True Measurement™)を実現する機器になります。これは、車両のハブにトルクトランスデューサ、高分解能速度センサをカプラーを用いて直接結合し、実現します。低慣性、且つ、高い繰り返し精度でのシステムをROTOTEST社の特許技術により実現し、ローリングロードとの互換性も提供します。

アプリケーション

●電気自動車(EV)/ハイブリッド車(HEV)のエネルギーマネジメント
●振動騒音(低騒音モデル、100km/h走行模擬にて45dBA)
●環境試験(低温での作動モデルにて-35℃~+40℃)
●実車適合試験
●排ガス試験
●ベンチマーキング試験
●高地(低圧)試験(海抜 < 1000 m)
●ドライビングサイクルによる実走行シミュレーション試験

Energy 2WDシステム

仕様
最大システム性能
パワー(最大吸収/発生)
瞬時値(Momentary) 100-390 kW / 134-522 bhp
連続値(Continuous) 100-200 kW / 134-268 bhp
トルク(最大吸収/発生 位置:ハブ)
瞬時値(Momentary) +/- 2200-3900 Nm / 1623-2876 lb-ft
連続値(Continuous) +/- 1180-1920 Nm / 870-1416 lb-ft
速度(最大ハブ回転速度)
連続値(Continuous) +/- 2100-2700 rpm
最大車両速度(等速度、ホイール径 650mm)
 →最大車両速度時は、パワーが連続値に限定されます。
250-320 km/h / 155-195 mph
計測確度
トルクの不確かさ(Torque uncertainty) < 1% of measured value
速度の不確かさ(Speed uncertainty) 0.1 rpm
測定の再現性・繰り返し精度(Measurement repeatability) < 0.05%
 
システム構成
メインユニット
ダイナモメータユニット 1軸(2輪)分のEnergyユニット
システムコントロールユニット SCU2E×1ユニット(無停電電源UPS付)
メインパワーユニット 1輪ドライブあたり1、または、2ユニット
スタンダードアクセサリキット
制御用PC、モニタ & キーボード 1式
電気配線用ケーブル(電源供給を除く) 1式
キャリブレーション用トルクロッド 1式
ホイールアダプタ(4スタッド) 1式
ホイールボルト(M12x1.5ボルト) 1式
ユーザ&サービスマニュアル 1式
 
テストモジュール
・一定速度制御モジュール(負荷に依存せず、事前にセットした速度にて制御)
・路面負荷シミュレーション(車両慣性(質量)、空力抵抗、タイヤ転がり抵抗、
 路面傾斜などを考慮した制御)
・ROTOTESTキャリブレーションレポート(校正手順に関するドキュメント)
 
設置要求仕様
テストセル(サイト)の要求事項
一般要求事項
導入タイプ フラットなフロアにおいて、台車を装備したシステム内の各ユニットを一人で移動し、セットアップ可能です。
追加冷却機構 不要(エネルギー回生/空冷式)
最大軸荷重 3500 kg/軸
動作環境
周辺温度範囲
(環境試験・寒冷地試験用は別途Energy CPをご参照ください)
+15°C to +40°C
相対湿度 10-90%,(結露なきこと)
高度 海抜 < 1000 m
電源供給
システムコントロールユニット用 1系統×単相240 VAC (8A) or 120 VAC (16A)
ACドライブ/モータ用(メインパワーユニット用) 2系統×三相400 VAC, 50/60Hz

Energy 4WDシステム

仕様
最大システム性能
パワー(最大吸収/発生)
瞬時値(Momentary、50/50スプリット) 200-780 kW / 268-1044 bhp
連続値(Continuous、50/50スプリット) 200-400 kW / 268-536 bhp
トルク(最大吸収/発生 位置:ハブ)
瞬時値(Momentary、50/50スプリット) +/- 4400-7800 Nm / 3245-5753 lb-ft
連続値(Continuous、50/50スプリット) +/- 2360-3840 Nm / 1741-2832 lb-ft
速度(最大ハブ回転速度)
連続値(Continuous) +/- 2100-2700 rpm
最大車両速度(等速度、ホイール径 650mm)
 →最大車両速度時は、パワーが連続値に限定されます。
250-320 km/h / 155-195 mph
計測確度
トルクの不確かさ(Torque uncertainty) < 1% of measured value
速度の不確かさ(Speed uncertainty) 0.1 rpm
測定の再現性・繰り返し精度(Measurement repeatability) < 0.05%
 
システム構成
メインユニット
ダイナモメータユニット 2軸(4輪)分のEnergyユニット
システムコントロールユニット SCU2E×1ユニット(無停電電源UPS付)
メインパワーユニット 1輪ドライブあたり2、または、4ユニット
スタンダードアクセサリキット
制御用PC、モニタ & キーボード 1式
電気配線用ケーブル(電源供給を除く) 1式
キャリブレーション用トルクロッド 1式
ホイールアダプタ(4スタッド) 1式
ホイールボルト(M12x1.5ボルト) 1式
ユーザ&サービスマニュアル 1式
 
テストモジュール
・一定速度制御モジュール(負荷に依存せず、事前にセットした速度にて制御)
・路面負荷シミュレーション(車両慣性(質量)、空力抵抗、タイヤ転がり抵抗、
 路面傾斜などを考慮した制御)
・ROTOTESTキャリブレーションレポート(校正手順に関するドキュメント)
 
設置要求仕様
テストセル(サイト)の要求事項
一般要求事項
導入タイプ フラットなフロアにおいて、台車を装備したシステム内の各ユニットを一人で移動し、セットアップ可能です。
追加冷却機構 不要(エネルギー回生/空冷式)
最大軸荷重 3500 kg/軸
動作環境
周辺温度範囲
(環境試験・寒冷地試験用は別途Energy CPをご参照ください)
+15°C to +40°C
相対湿度 10-90%,(結露なきこと)
高度 海抜 < 1000 m
電源供給
システムコントロールユニット用 1系統×単相240 VAC (8A) or 120 VAC (16A)
ACドライブ/モータ用(メインパワーユニット用) 4系統×三相400 VAC, 50/60Hz

Energy CPシステム

特長(Energy CP)
  • 環境試験アプリケーション用デザイン
  • 周辺温度範囲:-35°C to +40°C
 
仕様(Energy CP 2WD)
最大システム性能
パワー(最大吸収/発生)
瞬時値(Momentary) 210 kW / 281 bhp
連続値(Continuous) 84 kW / 112 bhp
トルク(最大吸収/発生 位置:ハブ)
瞬時値(Momentary) +/- 2000 Nm / 1475 lb-ft
連続値(Continuous) +/- 800 Nm / 590 lb-ft
速度(最大ハブ回転速度)
連続値(Continuous) +/- 2100 rpm
最大車両速度(等速度、ホイール径 650mm)
 →最大車両速度時は、パワーが連続値に限定されます。
250 km/h / 155 mph
計測確度
トルクの不確かさ(Torque uncertainty) < 1% of measured value
速度の不確かさ(Speed uncertainty) 0.1 rpm
測定の再現性・繰り返し精度(Measurement repeatability) < 0.05%
 
仕様(Energy CP 4WD)
最大システム性能
パワー(最大吸収/発生)
瞬時値(Momentary、50/50スプリット) 420 kW / 562 bhp
連続値(Continuous、50/50スプリット) 168 kW / 224 bhp
トルク(最大吸収/発生 位置:ハブ)
瞬時値(Momentary、50/50スプリット) +/- 4000 Nm / 2950 lb-ft
連続値(Continuous、50/50スプリット) +/- 1600 Nm / 1180 lb-ft
速度(最大ハブ回転速度)
連続値(Continuous) +/- 2100 rpm
最大車両速度(等速度、ホイール径 650mm)
 →最大車両速度時は、パワーが連続値に限定されます。
250 km/h / 155 mph
計測確度
トルクの不確かさ(Torque uncertainty) < 1% of measured value
速度の不確かさ(Speed uncertainty) 0.1 rpm
測定の再現性・繰り返し精度(Measurement repeatability) < 0.05%
 
システム構成(Energy CP)
メインユニット
  2WD 4WD
ダイナモメータユニット 1軸(2輪)分のEnergy CPユニット 2軸(4輪)分のEnergy CPユニット
システムコントロールユニット SCU2E×1ユニット
(無停電電源UPS付)
SCU4E×1ユニット
(無停電電源UPS付)
メインパワーユニット 1輪ドライブあたり1ユニット 1輪ドライブあたり1ユニット
スタンダードアクセサリキット
  2WD 4WD
制御用PC、モニタ & キーボード 1式 1式
電気配線用ケーブル
(電源供給を除く)
1式 1式
キャリブレーション用トルクロッド 1式 1式
ホイールアダプタ(4スタッド) 1式 1式
ホイールボルト(M12x1.5ボルト) 1式 1式
ユーザ&サービスマニュアル 1式 1式
 
テストモジュール
・一定速度制御モジュール(負荷に依存せず、事前にセットした速度にて制御)
・路面負荷シミュレーション(車両慣性(質量)、空力抵抗、タイヤ転がり抵抗、
 路面傾斜などを考慮した制御)
・ROTOTESTキャリブレーションレポート(校正手順に関するドキュメント)
 
設置要求仕様(Energy 2WD)
テストセル(サイト)の要求事項
一般要求事項
  2WD 4WD
導入タイプ フラットなフロアにおいて、台車を装備したシステム内の各ユニットを一人で移動し、セットアップ可能です。 フラットなフロアにおいて、台車を装備したシステム内の各ユニットを一人で移動し、セットアップ可能です。
追加冷却機構 不要(エネルギー回生/空冷式) 不要(エネルギー回生/空冷式)
最大軸荷重 3500 kg/軸 3500 kg/軸
動作環境
  2WD 4WD
周辺温度範囲 -35°C to +40°C -35°C to +40°C
相対湿度 10-90%,(結露なきこと) 10-90%,(結露なきこと)
高度 海抜 < 1000 m 海抜 < 1000 m
電源供給
  2WD 4WD
システムコントロールユニット用 1系統×単相240 VAC (8A) or
120 VAC (16A)
1系統×単相240 VAC (8A) or
120 VAC (16A)
ACドライブ/モータ用
(メインパワーユニット用)
2系統×三相400 VAC, 50/60Hz 2系統×三相400 VAC, 50/60Hz

カタログダウンロード

ハブ結合式シャシダイナモメータシステム ROTOTEST® EnergyTM カタログ

rototest_catalog_sum.jpg

カタログダウンロード

クリックしてPDFを表示・保存できます

detail__vid--text.png

はい (6)
いいえ (1)

PAGE TOP