機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソリューション

ドライバ刺激・運転行動計測システム

   ■ 車両信号(CAN)やアナログ信号、生体信号の同時計測
   
ドライバへの光や音、振動での警告・刺激

ドライバ主体の実験・研究に関する計測に
ドライバモデルの生成
予防安全システムの研究・開発
                           (居眠り検知、疲労検知など)
HMIの評価・研究
官能評価から定量評価へ
新規開発システムの評価・比較
システム概要
imc社製データロガーを用いて車両のCAN信号やアナログ信号を、視線計測システムSmartEyeを用いて視線方向や頭部運動を計測することでドライバの運転行動全般を計測します。さらにLEDやスピーカ、モニタなどを用いて、ドライバに刺激を与えることで、その際のドライバの反応を計測することができます。
ドライバ刺激・運転行動計測システム
製品詳細を見る

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。