機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





XenoTrack-RT(路面形状計測システム) 

XENOMATIX
XenoTrack-RT(路面形状計測システム)
0

新商品

XenoTrack

は、LiDARを用いて路面形状を計測するシステムです。センサを車両のルーフなどに取り付け、路面の凹凸をLiDARを用いて計測します。このLiDARは、True-Solid-state方式を採用しており、多点を同時に計測することが可能で、高速走行時でも計測することができます。

周辺環境 XenoLidar / 路面形状計測システム XenoTrack-RT カタログ

特長

  • True-Solid-state型LiDAR方式を採用した可動部を持たないマルチビーム方式(三角測量)
  • 2mm以下の超高精度で路面の形状(高さ)を測定
  • 秒間180,000点(3000本のビーム×60Hzサンプリング)の高速高分解能測定
  • 明暗(昼夜)、悪天候(雨、濃霧、雪など)でも変わらぬ精度
  • 車両のロールとピッチを補正
  • 車輪前方の路面情報を300点/秒(各車輪あたり)でリアルタイム出力が可能
  • 時速250km/hで走行可能

仕様

システム仕様

 

Front viewモデル Rear viewモデル
走行方向の平均分解能 9mm at 50km/h(速度に比例)
横方向の平均分解能 18mm(固定)
測定精度(高さ方向) 2mm at 30km/h(フラットな路面)
最大計測ポイント数 180,000 点/秒
フレームレート 60Hz
リアルタイム出力レート 300点/秒(1輪あたり)  ─ 
最大走行可能速度(*1) 250km/h
視野角(上下方向) 17° 34°
スキャン範囲(*2)
(フロントアクスルからの距離)
0m – 13m 2m – 9m後方
最大ステアリング角度(*3) ±7° ±20°
サイズ(W×D×H) 幅63cm x 奥行き16cm x 高さ11cm
重量 約3.7kg(センサ部のみ)

*1 :高速走行の場合、システム付属のユニバーサルマウントキットではなく、別途固定方法を検討願います。
*2 :センサのマウントに依存。ここで記載の仕様は高さ1mの位置にセンサを設置し、10°傾けた場合。
*3 :センサのマウントに依存。ここで記載の仕様は幅1.6mの車両のフロントアクスル位置の高さ1mの場所に設置し10°傾けた場合。

 
データインターフェース

 

Front viewモデル Rear viewモデル
リアルタイム出力 Ethernet
CANインターフェース OBD II or DB9
オフラインデータ出力 CSV, STL, XRC, XPC, CRG
その他のインターフェース GPS, IMU, WebCAM
 
動作環境

 

Front viewモデル Rear viewモデル
動作温度範囲 0 – 40℃
保管温度 -40 – 80℃
湿度 10 – 90%(結露なきこと)
IP 保護等級 IP65
 
電源情報

 

Front viewモデル Rear viewモデル
供給電源 12V DC
消費電力(コントローラ) 90W
消費電力(センサ部) 15W

システム構成

XenoTrack-RT システムパッケージ
xeno_rt_img10.jpg
システム構成
 
xeno_rt_img11.jpg
アライメントフレーム

アプリケーション

1. 自動運転車両の開発
自動運転車両が安全に走行するためには道路上の走行可能エリアと落下物や穴(ポットホール)を検知し回避や停止を行う必要があります。そのための路面センシングとして、本システムを利用することができます。
 
xeno_rt_img.jpg
道路上の落下物
xeno_rt_img2.jpg xeno_rt_img3.jpg
  走行可能エリアの検知例 落下物の検知例
 
2. アクティブサスペンションの開発
車両が路面からの入力を受ける前に車両前方の路面状態を認識して制御することで路面からの振動や衝撃を消すことができます。
走行速度と操蛇角の情報を車両からCAN通信で入手することで本システムは走行する軌跡を計算し、車輪前方の路面の凹凸をリアルタイム出力できます。
その信号をアクティブサスペンションコントローラに入力して車両を制御することが可能です。
 
xeno_rt_img4.jpg
道路上のスピードブレーカー
xeno_rt_img5.jpg
システムの検知例
xeno_rt_img6.jpg
    リアルタイムデータストリーミング
 
3. 路面プロファイルを使ったシミュレーション試験
車両耐久試験に分類される疲労被害度測定(路面からの入力とシャシや部品の応力を測定して算出)はさまざまな路面での試験が要求され、実車を用いて実路を何度も走行するのは非効率です。本システムで路面プロファイルを取得しシミュレーションツールにインポートすれば、何度でも車両走行を模擬し、疲労被害度を算出することができます。
このようなデータは操縦安定性試験や乗り心地試験にも利用することができます。
 
xeno_rt_img7.jpg
路面プロファイル
 
4. 特異環境試験に対応
雨や霧、雪といった天候条件や、夜間などの日照条件による視界不良など、実際の交通環境で想定される走行状況を再現した室内試験場や実路での試験においても本システムを利用して路面情報を高精度に取得することができます。
 
xeno_rt_img8.jpg xeno_rt_img9.jpg
夜間での計測例 雪面での計測例

FAQ

Q. 本システムのレーザー以外の光反射が測定に影響を与えることはありませんか?

A. 影響はありません。XenoTrack-RTから照射される3,000本のレーザーは波長が一定(860nm)でCMOSイメージセンサの任意のポイントに反射して戻ってくるようにアライメント調整がなされています。ヘッドライトを点灯した対向車両/並列車両の影響について実測例を示します。
 
xeno_rt_img12.jpg
対向車両のヘッドライトによる影響
 
xeno_rt_img13.jpg
並列車両のヘッドライトによる影響

カタログダウンロード

周辺環境 XenoLidar / 路面形状計測システム XenoTrack-RT カタログ

14423_ext_08_0.jpg?1536568762049

カタログダウンロード

クリックしてPDFを表示・保存できます

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。