XENOMATIX

XenoLidar(周辺環境計測システム)

新商品

XenoLidarは、自動車のルーフなどに取り付けてレーザーを照射し反射光を検知することで、周辺環境を測定する高精度な光学センサです。世界で初めてLiDARにマルチビームを採用したTrue-solid-state型マルチビーム方式のLiDARであり可動部分と回転機構を持たないため、壊れにくく、かつ自動車へ導入する際には設置場所の選択肢が広がります。さらに、複数本のレーザー照射により、昼夜・天候を問わず一度に多くのターゲットを検出できます。200m測距のHighwayモデルと広視野角のIntercityモデルがあります。

カタログダウンロード

特長

  • True-solid-state型
      可動部分、回転機構を持たないため、壊れにくく設置場所の選択肢が広がる
  • 3D点群データと2D映像のリアルタイム取得
      2つのデータ取得によって、対象物の高精細な判別が可能
  • 200mの距離計測能力(Highwayモデル)
      20%の反射率で測定が可能で、昼夜・天候問わず正確な計測を実現
  • 広視野角(Intercityモデル)
      60°(水平)×20°(垂直)の広視野により多くのターゲットを検出
  • マルチビーム方式
      複数本のレーザー照射により高速で高空間分解能な計測が可能

仕様

システム仕様

 

Highwayモデル Intercityモデル
最長測定距離 200m(20%反射率で測定可能) 50m(20%反射率で測定可能)
水平方向の測定範囲 30° 60°
垂直方向の測定範囲 10° 20°
3Dデータ水平方向分解能 0.2° 0.3°
3Dデータ垂直方向分解能 0.2° 0.3°
2D画像水平方向分解能 0.02° 0.04°
2D画像垂直方向分解能 0.02° 0.04°
データ出力レート 25Hz 20Hz
レーザークラス Class 1
3Dデータポイント数 125,000点/秒 350,000点/秒
2Dデータポイント数 200Mbit/sec
ピクセル数 0.8Mピクセル
3D測距精度 1%以内
最短測定距離 <5m <1m

データインターフェース

 

Highwayモデル Intercityモデル
データ出力 Ethernet
データフォーマット(2Dデータ) XIM
データフォーマット(3Dデータ) XPC
タイムスタンプ XenoLidar, CAN
CANインターフェース OBD II, DB9

システムサイズ

 

Highwayモデル Intercityモデル
センサーサイズ 幅17cm×奥行き12cm×高さ8cm
センサー重量 1.5kg
コントローラーサイズ 幅21.5cm×奥行き26cm×高さ8cm
コントローラー重量 4.2kg

動作環境

 

Highwayモデル Intercityモデル
動作温度範囲 0 – 40℃
保管温度 -40 – 80℃
湿度 10 – 90%(結露なきこと)
IP 保護等級 IP65

電源情報

 

Highwayモデル Intercityモデル
供給電源 12V DC
消費電力(センサー部) 25W
消費電力(コントローラー部) 100W

システム構成

  • XenoLidarセンサーユニット
  • XenoLidarコントローラー(quad-core i7, GTX 1050 Ti GPU)
  • XenoLidarマウントキット
  • CANインターフェースキット
  • XenoWare(制御解析ソフト)ライセンス
  • ケーブルセット
  • ユーザーマニュアル

アプリケーション

1. 対象物検出(オブジェクトトラッキング)

車両や人、建物など一度に多くの対象物を検出できます。車両と各対象物との距離も正確に測定することができ、移動している対象物の速度を算出することも可能です。

オブジェクトトラッキング

2. 走行可能エリア(路面のフリースペース)の検出

通行する人や車両、車道と歩道の道幅、その他様々な対象物をXenoLidarで認識することにより、自動運転車が走行可能なエリア(フリースペース)を高速・高空間分解能で検出することが可能です。

フリースペース

カタログダウンロード

周辺環境 XenoLidar / 路面形状計測システム XenoTrack-RT

周辺環境 XenoLidar / 路面形状計測システム XenoTrack-RT

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

動画