VIBES.technology

バーチャルポイント変換による高精度実験FRF算出ソフトウェア「DIRAC」

新商品

DIRACは本来計測不可能なコンポーネント同士の結合点(バーチャルポイント)における高精度な実験FRFを算出するソフトウェアです。 このバーチャルポイントはCAEのノード点に対応し、本ソフトウェアで算出した6自由度FRFはシミュレーションツールとの互換性を持ちます。

特長

バーチャルポイント

高精度な実験FRFを取得するためには、本来計測できないコンポーネント同士の結合点(CAE上でのノード点に対応)におけるFRFが得られることが理想です。VIBES社ではこの点を実験上でバーチャルポイントと呼び、DIRAC上のPrepare、Measure、Analyzeの3ステップに従い直観的なユーザーインターフェースを用いて、このバーチャルポイントにおけるFRFを6自由度で算出が可能です。
また、Mueller-BBM社製MKIIG2フロントエンド(PAK LIVEモード)をDIRACから直接計測制御可能なため、バーチャルポイント変換のために必要なバーチャルポイント近傍に設置した加速度計と周辺を加振し得られるデータ計測はもちろんのこと、計測中にバーチャルポイント変換の計算およびバーチャルポイント変換後のFRFの精度の確認まで可能です。
得られたバーチャルポイントにおける6自由度FRFはCAEでのノード点に対応しており、シミュレーションツールとの連携が可能です。

オペレーションの流れ

Prepare

Prepare
試験体のCADデータ(STEP、IGES、STL等)をインポートします。試験体のマウント点をそれぞれバーチャルポイントに置き換え、バーチャルポイント1点に対し周辺に3軸加速度計を3点と加振点の位置座標を、それぞれ各バーチャルポイントに対して設定します。

Measure

Measure
バーチャルポイント周辺を加振するハンマリング試験を行います。加振点はCADモデル上のガイドを見ながら確認が可能ですので、容易にオペレーション可能です。また必要に応じ、このステップで加振点の位置座標を変更可能です。

Analyze

Analyze
マウント点周辺の3つの加速度計の各加振に対するFRF計測データからバーチャルポイントにおける6自由度のFRFを計算します。また、計測自体の精度もここで確認することができます。
データをインポート(atfx形式)し後解析のみを行うことも可能です。計算したバーチャルポイントにおけるFRFはCAEと互換性のあるuff形式や、mat形式、atfx形式でエクスポート可能です。

便利機能

データインポート機能

データインポート機能
どの計測システムからでも、バーチャルポイント近傍のFRF計測データを、ASAM-ODS準拠のatfxファイル形式でDIRACへインポートすることで、バーチャルポイント変換後の6自由度FRFをDIRAC上で算出します。

複数のインパクトハンマーでの計測結果マージ機能

複数のインパクトハンマーでの計測結果マージ機能
 2つ以上のインパクトハンマーを同時に使用し計測したFRFデータをマージすることが可能です。これにより例えば、低周波数帯はゴム製チップのデータを、中周波数帯はプラスチック製チップのデータをそれぞれ採用することで、各周波数帯でよりS/N比の高いデータを取得することが可能です。

実稼働形状(ODS: Operating Deflection Shapes)アニメーション表示機能

実稼働形状(ODS: Operating Deflection Shapes)アニメーション表示機能
バーチャルポイント変換後の6自由度FRFを算出するにあたり、バーチャルポイントを形成する複数の加速度計が任意の周波数範囲で剛体としてふるまっているかの確認が可能です。ODSアニメーションはgifでエクスポートも可能です。

TEDS読み込み機能

TEDS読み込み機能
DIRACからMueller-BBM社製MKIIG2フロントエンド(PAK LIVEモード)を直接制御し測定する場合、各種センサのTEDS情報を読み込み可能です。センサーデータベースとして各種センサ情報を保存することも可能です。

データの精度確認UI機能

データの精度確認UI機能
計測時の信号レベルに始まり、バーチャル変換前の各点のFRFの精度、バーチャル変換後の6自由度FRFの精度など、各種パラメータの確認を行うことが可能です。

オーバービュー表示機能

オーバービュー表示機能
時には10,000を超える膨大なFRFが含まれる場合があり、FRFの測定結果の精度確認する際にすべてのデータを本機能でマトリクス上で俯瞰することが可能です。

プロジェクト管理機能

プロジェクト管理機能
バーチャルポイント変換した6自由度FRF算出のための近傍の加速度計の取付位置などの写真などの情報をDIRAC上でプロジェクト単位で残しておくことが可能です。

動画