FAQ

FAQ検索結果

検索キーワード:

Q出荷時にどのような書類が添付されますか?

A

日本語版のマニュアルが添付されます。

回答を閉じる

Q校正証明書は付かないのでしょうか?

A

ブレーキは機械部品のため、校正証明書は付きません。
正確なトルク値を測りたい場合はトルクトランスデューサの導入を推奨します。

回答を閉じる

QAHB / BHB / HB の違いは何でしょうか?

A

ブレーキの冷却方式の違いです。
AHBシリーズ:エアコンプレッサー空冷式
BHBシリーズ:ブロア空冷式(ブロワが付属した製品)コンプレッサーは不要となります。
HBシリーズ: 空冷機構の無いブレーキ

回答を閉じる

QCAD図面はありますか?

A

下記のサイトに図面があります。

AHBシリーズ:https://www.magtrol.com/product/ahb-series-compressed-air-cooled-hysteresis-brakes/
(Specifications and Drawings のタブ内)

BHBシリーズ: https://www.magtrol.com/product/bhb-series-blower-cooled-hysteresis-brakes/
(Specifications and Drawings のタブ内)

HBシリーズ:https://www.magtrol.com/product/hysteresis-brakes/
(Specifications and Drawings – Metric のタブ内)

掲載された図面以外のものが必要な場合は弊社へお問い合わせください。

回答を閉じる

Qなぜヒステリシスブレーキはコギングトルクが発生するのですか?

A

ヒステリシスブレーキは、軸が回っていない状態のまま印加されている電流を下げると (磁束を減らすと) ロータに加わっていた磁化状態が残ってしまいます。するとロータに残った磁極がステータのケースとポールの間に留まろうとします。この状態をコギングと呼んでいます。
この状態でブレーキの軸を回転させると、ガタガタと回ってしまい、トルク計測等の試験に影響を及ぼします。

ヒステリシスブレーキ

回答を閉じる

Qコギングトルク除去の方法を教えてください。

A

除去の手順:

  1. ブレーキのシャフトにモータが接続されている場合は取り外します。
  2. ブレーキ電源のスイッチを入れます。
  3. ブレーキのシャフトを回しながら、徐々にブレーキ電流を上げていき、軸がガタガタせずスムーズに回るところまで電流を上げます。
  4. 軸がスムーズに回ったら、軸を回し続けながら、電流を徐々に下げて0にします。
  5. 軸がガタガタせず、スムーズに回っていることを確認して、ブレーキ電源のスイッチを切ります。

回答を閉じる

Qブレーキに電流を流していなくてもトルクが出るのはなぜですか?

A

ブレーキにドラッグトルク(オフセットトルク)があるためです。
ドラッグトルクの原因は、軸受けの摩擦力や回転軸の風損(風切りの摩擦)です。

AHBシリーズの場合、下記のヒステリシスブレーキカタログ3ページ目に、1000rpm時のドラッグトルク値があります。

https://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/mecha/pdf/hysteresis_brakes.pdf

回転数が高くなるとドラッグトルクは大きくなります。最大回転数でのドラッグトルクは、1000rpm時に比べて3倍から5倍程度の大きさになります。

回答を閉じる

Qカタログ記載の最大電力(5分以内、連続)とは何ですか?

A

試験時間が長くなるほどブレーキ本体の温度が上昇するため、長時間の試験と短時間の試験で最大吸収電力(ブレーキが許容できる発熱量)は異なります。そのため、5分以内の使用時と連続使用時で最大電力を分けて記載しています。

回答を閉じる

Q吸収電力の考え方を教えてください。

A

ブレーキを選定するには、最大トルク、最大回転数、最大電力の3つ全てが試験条件の範囲に入っていることを確認します。試験が短時間か連続なのかによって、ブ レーキの最大電力は異なっています。

電力は、 電力= (2π÷60) ×トルク[Nm] × スピード[rpm]で計算できます。

回答を閉じる

Q最大電力[W] を超えて使うとどうなりますか?

A

ブレーキのカップ状ロータが膨張してステータに接触し、破損するおそれがありますので、
最大電力を超えないように使用する必要があります。

回答を閉じる

Qブレーキの温度を監視することはできませんか?

A

オプション対応でヒステリシスブレーキ内部のコイルにサーモスタットを組み込むことができます。それにより温度異常時にはブレーキに流れる電流は遮断されます。
詳細は別途弊社までご相談ください。

回答を閉じる

Qどのような電源を用意すればよいですか?

A

ヒステリシスブレーキのトルクを発生させるもととなる磁束は電流に比例するため、電源はDCかつ電流一定制御(CCモード)があるものをご用意ください。

回答を閉じる

Q電圧を一定にしてもブレーキが熱くなるとトルクが変わってしまいます。

A

ヒステリシスブレーキが発生する磁束は電流に比例します。DC電源の操作は電圧制御(CVモード) ではなく電流制御(CC)としてください。
より厳密なトルク制御が必要な場合はトルク計とコントローラDSP7000を組み合わせてPIDトルク制御をしてください。

回答を閉じる

Q電流 – トルク特性のカーブとトルク値が違っているようですが…

A

電流 – トルク特性のカーブはブレーキの設計値のため、実際には±10%程度の個体差があります。
実際に製造したブレーキの電流 – トルク特性は、購入と同時のオプションで添付可能です。
正確にトルク値の計測・制御を行いたい場合は、トルク計及びコントローラDSP7000を使用する必要があります。

回答を閉じる

Qもっと高い最高回転数のモデルはありませんか?

A

特注にて対応可能です。別途ご相談ください。

回答を閉じる

QAHBの空冷時の発生音はどのくらいでしょうか?

QBHBシリーズのブロワ騒音を下げたいのですが…

A

電圧を下げると騒音は下がりますが、メーカーとして冷却性能の保証はありません。

回答を閉じる

Q64 マイクロホンをパイプ内に埋め込んで使用したいと考えています。通気が悪いと問題が生じかねないことは理解しています。通気については、どのような事に注意すればよいでしょうか。通気を良くするにはどうすれば良いですか。

A
マイクロホンをパイプの壁に埋め込む時には、ベントをふさがないようにしてください。ベントによって、気圧が外部と同じに保たれます。ベントがふさがれてしまうと、内部通気経路によってマイクロホンは気圧を安定させますがそれだけ余分に時間がかかってしまいます。そのため校正や立ち上げにかかる時間がより長くなります。
それにパイプ内の気圧が外部と異なると、試験結果が不正確になることがあります。前部通気型マイクロホン、または後部通気型マイクロホンに毛細管を使うことで、(パイプ内の)マイクロホン側の気圧とバックプレーン後ろの気圧を、プリアンプのベントを通して同じにすることを推奨します。そうすれば、立ち上げ時間は短くなり、試験結果もより正確になります。  

回答を閉じる

Q63 「A特性周波数重み付け」とは何ですか。また、「A特性周波数重み付け」をどのように実行すれば良いですか。

A
ヒトの耳の聞こえ方は、周波数による影響を受けます。等ラウドネス試験により、各周波数での人の耳の聞こえ方を調べた結果、平均的にはヒトの耳は4 kHz程度の音に最も敏感であることが分かりました。
50 Hzでは、100dBの信号は70dB程度にしか感じられません。このため、線形スケールでは同じデシベルレベルであっても、ギターの音はバスドラムよりも大きく聞こえたり、ブレーキのきしむ音はエンジンノックよりも嫌なものに聞こえたりします。
A特性周波数重み付けスケールは、基本的にはフィルタリングあり、各周波数でヒトの耳にこえる相対的デシベル効果を表わしたものです。これは、ソフトウェアで計算することもできますし、音圧レベル測定器内で実現することもできますし、インラインフィルターでも可能です。
 

回答を閉じる

Q62 新型のプリポラライズド型マイクロホンと従来の外部分極型200Vマイクロホンアセンブリのそれぞれの利点と欠点は何ですか。

A
殆どのアプリケーションでは、プリポラライズド型マイクロホンも200Vマイクロホンも試験結果は同じになります。200Vマイクロホンは、150℃までの高温環境下に適していますが、200V電源と7ピンケーブルが必要なため高価になってしまう欠点があり、またプリアンプの使用耐熱温度により使用可能温度が制限されてしまうかもしれません。
プリポラライズド型システムでは、電荷を持つエレクトレットが使われています。120℃を超える温度で動作させると、電荷がエレクトレット物質から逃げ出して、感度が落ちることがあります。プリポラライズド型マイクロホンは湿度が高い環境に適しています。高湿度下では、200Vマイクロホンは短絡の可能性があります。
プリポラライズド型マイクロホンには、安価な定電流源が使われているので、持ち運んでの使用や、音圧レベル測定器と組み合わせての使用に適しています。
プリポラライズド型マイクロホンは、2-20 mAの定電流電源を使用する殆どの加速度計やその他のセンサーと取り換えることができますので、セットアップ費用を低減できます。標準的な同軸ケーブルや安価な電源を使用できることからプリポラライズド型マイクロホンは、よく使われるようになってきました。

回答を閉じる

FAQ一覧へ戻る