PCB社技術情報

音響技術に関するFAQ

Q29 ソフトウェアによる補正のために、PCB社製マイクロホンの校正補正表をエクセル形式で提供することはできますか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

はい、PCB®社製の校正証明書の補正表は、エクセル形式での提供が可能です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q28 10 kHzまでの低音圧を計測できる、最も安価な計測用音圧型マイクロホンはどれですか。

FAQ ID:セクション Ⅱ:お勧めのマイクロホン

A

全てのPCBの1/2インチ及び1/4インチマイクロホンの周波数応答は、4 Hzから10 kHzまでフラットです。「377B11」は、1/2インチ音圧型マイクロホンで、音圧型の計測用マイクロホンのなかでは最も安価です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q27 IEC 61094-4規格(計測用マイクロホン)では温度係数が-10℃から+50℃まで線的であることを要求していますが、この温度範囲を超えても温度係数は線的ですか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

はい、この規格の温度範囲を超えても温度係数は線的です。試験によって、-40℃から150℃までは線的であることが確認されています。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q26 プリアンプの温度係数の影響はどのようなものですか。マイクロホンカートリッジの特性を考慮すべきですか。それとも、プリアンプの温度応答も考える必要がありますか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

プリアンプの温度係数への影響は無視できる程度のものです。マイクロホンとプリアンプのアセンブリでの仕様を常に使用することを推奨します。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q25 マイクロホンを最大許容温度で使用しても安全ですか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

はい、PCB®社製マイクロホンは最大許容温度でも問題なく使用できることは試験で実証されています。ただし、どのマイクロホンにもプリアンプが必要であり、プリアンプにも使用可能温度範囲があります。実際の試験ではプリアンプの使用可能温度範囲も考慮する必要があることをご留意ください。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q24 コンデンサマイクロホンにおける絶対位相と相対位相の違いは何ですか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

位相は、(電気的または機械的な)与えられた力に対する応答の遅延を示し、絶対位相は、各マイクロホンに固有の位相遅延で、そのマイクロホンの入射音圧と出力される電気的応答との遅延を指します。これに対して相対位相は、測定マイクロホンの出力電気的応答と、リファレンスのマイクロホンの応答との遅延です。そのため相対位相の測定は、必ずリファレンスマイクロホンが必要です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q23 PCB社製「130E22」と「130A23」との違いは何ですか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

どちらもSMBコネクター付の自由音場型アレイマイクロホンですが、設計が若干異なり、それにより「130A23」は20 kHzまでの周波数応答のばらつきが抑えてられており、ダイナミックレンジも広いです。「130F22」は高周波数でのばらつきはより大きいですが、より低価格です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q22 1/4インチマイクロホンを、PCB社製高温用プリアンプ1/2インチ「HT426E01」または他社の1/2インチ高温用プリアンプと共に使用することはできますか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

はい、できます。ただし、「079A02型」アダプターが必要となります。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q21 計測用マイクロホンで音を測定するには、無響室が必要ですか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

無響室では、低ノイズレベルで反射音のない測定が可能です。無響室が必要かどうかは、使用目的、測定対象物、環境等によります。一般的に、音を反射する物体の無い場所で、自由音場測定をする場合には、無響室が必要となります。低周波数では、自由音場を実現するために大きなスペースが必要となり、特に無響室が必要となります。無響室での音の吸収にも限度があります。一般的に、1 kHz未満の周波数では、無響室はほとんど音を吸収しません。信号対ノイズ比(SN比)が十分高ければ、ほとんどの場合、無響室は不要です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q20 マイクロホンのサイズは、周波数やダイナミックレンジに影響しますか。

FAQ ID:セクション Ⅳ:仕様説明

A

はい、サイズと感度は測定能力に影響します。一般的に、直径が小さく感度が低いマイクロホンは、高音圧、高周波数の測定向きです。逆に直径が大きく感度が高いマイクロホンは、低周波数の測定向きです。ノイズフロアが低いのも特徴です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q19 ポーラープロットとは何ですか。それはどのように使われますか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

ポーラープロット(またはビームパターンとも呼ばれます)は、マイクロホンが検知した音圧の角度依存を放射対称的に示します。ポーラープロットデータは、マイクロホンが検知した音圧レベルが、入射角により異なる様子を示します。入射角は、マイクロホンを中心として、通常180度から360度です。中心から離れるにつれて、音圧は下がります。ポーラープロットは、測定された音圧の周波数依存性を示さず、常に特定の周波数で得られます。ポーラーデータのビームパターンの形状は周波数により変化するため、常に測定周波数を示す必要があります。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q18 音の方向や、ノイズ源の位置を特定するためには、どのマイクロホンが推奨されますか。

FAQ ID:セクション Ⅱ:お勧めのマイクロホン

A

自由音場型アレイマイクロホンでそれを複数利用することが推奨されます。それらを所定の位置に配置し適切なソフトウェアと組み合わせて使用することで、複雑な音圧場の空間変換を投影して、音響エネルギーフローを効果的にマッピングすることができます。アレイマイクロホンは、安価で位相整合性が良いため、このような多チャンネルでの音響試験に適してします。そして、こういった複数マイクロホンを使用した試験ではTEDSの使用も推奨されます。個々のマイクロホンの識別が容易になるからです。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q17 低周波数測定には、どのマイクロホンを推奨しますか。

FAQ ID:セクション Ⅱ:お勧めのマイクロホン

A

1Hzなどであれば378B02などの標準的な1/2インチの計測用コンデンサーマイクロホンをお奨めします。それ以下の低周波(例:0.1Hz)などであれば378A07などの特殊なマイクロホンが必要になってきます。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q16 マイクロホンのノイズフロアとは何ですか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

ノイズフロアは計測できる分解能のことです。ノイズフロアはマイクロホンと一緒に使用される他の装置(プリアンプ、電源、データ収録装置等)の影響を受けるので注意が必要です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q15 マイクロホンは、どれくらいの頻度で校正すれば良いですか。

FAQ ID:セクションⅥ:メンテナンスと取扱方法

A

一般的に、マイクロホンユーザにとって校正は、メーカの工場で行うフルスイープ校正と、測定現場で行う一点校正の二種類があり、適切な校正頻度はそれぞれで異なります。

メーカの工場での校正はより詳細な試験であり、毎年または2年ごとに行われることが多いですがこの頻度はマイクロホンメーカがはっきりと定めているものではなく、お客様ごとに異なってきます。マイクロホンの使い方、使用環境、法的要件、リスクレベル、社内規定などを踏まえて、最適な校正頻度を決める必要があります(下記詳細を参照)。これに対して測定現場で行われる1点校正は、測定結果を正確なものにするために、毎回測定の前後に行うことを推奨します。

2種類の校正方法に関しての詳細

1. メーカーの工場での校正

工場での校正では、まず基準周波数で感度をチェックしてから、全周波数レンジについて線形性をテストします。これには、back-to-back基準マイクロホンか、静電気アクチュエータ(下記写真参照)を用います。この工場でのアクチュエータを使ったスイープを伴う校正の際にのみ、グリッドキャップを取り外すことができます。

様々なアクチュエータ

お客様がどれくらいの頻度でこの校正を行うかは、校正費用に費やせる予算にもよりますし、その他にも例えば以下のような要因によります。

■ 品質管理部門からの内部要求がどの程度であるか。品質管理部門の内部規定で、全てのセンサについて標準校正頻度が定められているかどうか。

■ 規格や法的要件に準拠する必要があるかどうか。その場合には、校正頻度は高くなります。

■ どれくらいの頻度でマイクロホンを使うか。適切に保管されていて数か月に一度しか使わないマイクロホンの校正は毎日使うマイクロホンと同じ頻度で行う必要はないでしょう。

■ マイクロホンはどのような環境で使用されているか。過酷な環境で使用され、極端な温度やほこりや油やその他の汚染物質にさらされるマイクロホンは、管理されたラボ環境で使われるマイクロホンよりも、頻繁に校正する必要があります。

■ 落下させたり酷使したりしたことはあるか。マイクロホンを落下させただけでも、感度が変化して仕様を満たさなくなることがあるので、まずは1点校正(詳細については下記参照)して、感度が大幅に変化していたら、次回の測定試験までにメーカに返送して校正してもらうことを推奨します。

校正例

もしかなりの数のマイクロホンがある場合は、マイクロホン校正システムの購入をお勧めします。例えば、下記の9350CはThe Modal Shopから販売されています。これがあれば、メーカ工場で行われるようなスイープ校正を社内で行うことができ、費用も時間も節約できます。

マイクロホン校正システム モデル:9350C

2. 現場での一点校正

現場での1点校正は、スピーカホンまたはピストンホンを用いて行われます。ハンドヘルドタイプの校正器のいくつかの例を以下に示します(下記写真参照)。

ハンドヘルドタイプの校正器各種

目的は、1点(多くの場合は250 Hzまたは1 kHz)で感度を計測し、マイクロホンが正常に動作していて感度が変化していないことを確認することです。感度が変化すると、計測結果が不正確になります。1点校正では、全ての周波数レンジをチェックできません。感度が大幅に変化していなければ、工場での前回の校正時からスイープ特性がフラットなままであるということです。1点校正が行われるもう一つの理由は、測定結果をより正確なものとするために、温度、湿度、気圧の変化を補正するためです。マイクロホンの感度は温度、湿度、気圧に伴い変化します。工場校正時と現場の環境が大きく異なれば補正が必要です。これが毎回の測定の前後に1点校正を行うことを強くお勧めする理由です。

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q14 アンチエイリアスの原理とは何ですか。アンチエイリアスはどのように利用されますか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

アンチエイリアスの原理と、高周波数マイクロホン信号が判別できなくなる理由については、こちらのビデオで詳しく解説いたします。(約6分13秒)

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q13 ノイズフロア計算によって、不要なノイズ源を発見することは可能ですか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

製品試験の過程で、ノイズフロアの計算は、製品設計プロセスの一環として利用できます。こちらのビデオで詳しく解説いたします。(約6分29秒)

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q12 音響透過損失とは何ですか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

音響透過損失の測定や、物質の吸音や損失の測定については、こちらのビデオで詳しく解説いたします。(約9分)

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q11 デシベル加算とは何ですか。また、デシベル加算はノイズの評価や低減にどのように使われますか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

音響計測における音源(デシベル)の重ね合わせについては、こちらのビデオで詳しく解説いたします。(約8分7秒)

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる

Q10 ノイズ源の特定、ビーム形成、ホログラフィー、音響パワーマッピングのために、音響指向性パターンはどのように使われますか。

FAQ ID:セクション I:定義と専門用語

A

音響測定における指向性パターンについては、こちらのビデオで詳しく解説いたします。(約4分53秒)

PCB社マイクロホンの詳細検索はこちら

回答を閉じる