FAQ

FAMOS

スペクトラムキット&周波数解析関係

ID.p002

Q. 各スペクトラムの計算の違いについて

A.


スペクトラムキットに組み込まれている

AmpSpectrumRMS

AmpSpectrumPeak

PowerSpectrum

PowerDS

について説明します。

AmpSpectrumRMSとAmpSpectrumPeakの違い

AmpSpectrumPeakは、その振幅を返します。

AmpSpectrumRMSは、その振幅の実効値を返します。

例えば振幅1の正弦波を入力した場合、AmpSpectrumPeakは、その振幅を返します。(=1)
AmpSpectrumRMSは、その振幅の実効値を返します。(=0.707)

PowerSpectrumとAmpSpectrumRMSの違い

AmpSpectrumRMSを2乗したものがPowerSpectrumとなります。

PowerSpectrumとPowerDSの違い

PowerSpectrumを周波数分解能で割った値がPowerDSとなります。

今回の例では周波数分解能を2Hzに設定しています。従って、パワースペクトラムの値を1/2倍したものがパワースペクトラム密度になります。


製品詳細はこちら

<< スペクトラムキット&周波数解析関係に関するFAQ一覧へ戻る