FAQ

FAMOS

ファイルアシスタント

ID.a004

Q. time_t型の読み込み方法


測定開始時間がC言語のtime_t型で記述されています。この日付をファイルアシスタントで読み込むことは可能ですか?

A.


可能です。

time_t型は1970/1/1より測定します。これに対してFAMOSデータは1980/1/1より測定します。

従いまして、以下のように対応可能です。

変換式:

  imc_time = time_t - (1970から1980までの秒数)
  imc_time = m_Time - 1182903698-(8*365+2*366)*3600*24

具体例:

  time_t   = 0x92 0xAD 0x81 0x46 = 1182903698
  imc_time = 1182903698-315532800

注意1:

取得した値は、そのままトリガー時間として設定できます。

注意2:

取得した時間がグリニッジ標準時の場合、ローカルタイム(日本:+9時間)分を補正してください。


製品詳細はこちら

<< ファイルアシスタントに関するFAQ一覧へ戻る