情報通信
IR情報 会社情報

情報セキュリティ対策

情報セキュリティ対策において、ネットワーク上の様々な機器をテストし、セキュリティの弱点を見つけだし、日々修正していくことでコンピューター上のシステムやデータを悪意のある第三者からの攻撃から守ることが重要です。また、最近ではセキュリティに対する知識や意識向上も重要な課題となっています。
東陽テクニカでは、セキュリティの診断、解析、改善点の報告、強化・修正、脅威となりうる事象(セキュリティインシデント)の模倣による事前検証、利用者のセキュリティ教育など、あらゆる側面からサポートし、「はかる技術」で通信・ネットワーク分野での安全に貢献します。

カタログダウンロード
セキュリティ対策に関するお問い合わせ
products-category-sitemap_link.png
  • 新製品

    インシデント・エミュレーター「 Data Breach Assessment」
    1

    インシデント・エミュレーター「 Data Breach Assessment」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    様々なセキュリティインシデントをエミュレートし、本物のハッカーによって攻撃される前に防御の穴を検出します。エージェント間のみの通信によってエミュレーションを行うため、実ネットワークに影響を与えることなくネットワークにおけるセキュリティを評価します。

  • 新製品

    「KnowBe4 Human Firewallアセスメント&シミュレーション」
    1

    「KnowBe4 Human Firewallアセスメント&シミュレーション」
    KnowBe4, Inc.

    「KnowBe4 Human Firewallアセスメント&シミュレーション」は、フィッシング模擬攻撃・セキュリティ意識分析・メール訓練・オンラインセキュリティ教育を自動化し、その効果を把握することで“Human Firewall”アプローチを実現するシミュレーションサービスです。

  • キャンペーン中

    セキュリティ/アプリケーションテスタ「Spirent CyberFlood」
    1

    セキュリティ/アプリケーションテスタ「Spirent CyberFlood」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    マルウェアやDDoSなどの攻撃トラフィックの疑似、各種アプリケーショントラフィックの生成、サイバー演習などに対応した次世代セキュリティ、パフォーマンスプラットフォームです。

  • アプリケーションパフォーマンステスタ「Avalanche」
    1

    アプリケーションパフォーマンステスタ「Avalanche」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    Avalanche(アバランチ)はTCPトラフィックを処理するネットワーク機器やアプリケーションサーバのパフォーマンス試験ソリューションです。実環境でやり取りされるアプリケーショントラフィックが高負荷で流れる環境におけるネットワーク機器(ファイアウォール、ロードバランサ、IDS/IPS等)やサーバの性能を評価できます。 近年はセキュリティに特化した試験ニーズにも対応し、最新の攻撃シナリオをAvalancheから送信することができます。

  • 仮想セキュリティ/アプリケーションテスタ「CyberFlood Virtual」
    1

    仮想セキュリティ/アプリケーションテスタ「CyberFlood Virtual」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    CyberFlood Virtualは、サーバ仮想化環境でのアプリケーションレイヤテストを実現するソフトウェアです。仮想マシン上で動作し、クライアント / サーバ間のアプリケーショントラフィックをエミュレートすることで、サーバ仮想化環境のアプリケーション性能を評価できます。

  • セキュリティ診断サービス「Spirent SecurityLabs」
    1

    セキュリティ診断サービス「Spirent SecurityLabs」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    セキュリティ診断対象はウェブアプリ、ウェブサービス、静的コード解析、ネットワーク、組込機器、ワイヤレス機器、SCADA 等と幅広い。 Spirent社の経験豊富なホワイトハッカーチームが提供する総合的なスキャニング、ペネトレーション試験サービス

  • 脆弱性管理ソリューション「InsightVM」
    1

    脆弱性管理ソリューション「InsightVM」
    Rapid7,Inc

    InsightVMは企業・組織ネットワーク内の脆弱性を検出し、改善のためのトリアージ(優先順位付け)を行い、脆弱性管理の自動化及びセキュリティリスクの数値化・可視化を提供し、総合的な脆弱性リスク管理機能を実現します。

  • ペネトレーションテストソリューション「Metasploit」
    1

    ペネトレーションテストソリューション「Metasploit」
    Rapid7,Inc

    Metasploitは、世界で最も普及しているペネトレーションフレームワークです。 ペネトレーションテストを自動化し、セキュリティ対策の検証に役立ちます。

  • ファジングツール「Synopsys Defensics」
    1

    ファジングツール「Synopsys Defensics」
    Synopsys Inc.

    Synopsys Defensicsは、組込み機器やアプリケーションにおける未知の脆弱性を検出するファジングツールです。不正な値を含む入力に対する機器の挙動を調べることにより、セキュリティの問題につながる脆弱性を効果的に検出します。TCP/IPをはじめとする200種類以上のプロトコルと、多様なファイルフォーマットをサポートし、情報通信関連機器はもちろん、家電、事務機、医療機器、産業用制御機器、自動車関連機器等の信頼性向上に広く利用されています。

  • 脆弱性スキャナ「Nessus Professional」
    1

    脆弱性スキャナ「Nessus Professional」
    Tenable

    Nessus Professionalは現在まで世界中で27,000以上の顧客と200万件以上のダウンロード数を誇る、ネットワーク業界で最も広く知られたネットワーク機器の脆弱性検出とシステム機器構成評価用ソフトウェアです。
    ネットワーク内部より対象製品のスキャンを実行するだけではなく、ネットワーク外部より対象製品にスキャンを実行することも出来ます。

  • 脆弱性管理プラットフォーム「Tenable.io」
    1

    脆弱性管理プラットフォーム「Tenable.io」
    Tenable

    先進のNessusテクノロジーを基盤として構築されたTenable.ioは脆弱性管理、Webアプリケーションスキャン、 コンテナセキュリティなど複数のアプリケーションを統合した脆弱性管理プラットフォームです。動的な資産と 脆弱性に関する正確な情報を提供し、セキュリティとコンプライアンス、コンフィグレーションに対する自社の 状態を明確に把握することができます。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。