情報通信
IR情報 会社情報





マルチポートネットワークエミュレータ「Spirent Network Emulator」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
マルチポートネットワークエミュレータ「Spirent Network Emulator」 Spirent Network Emulator
0
  • Spirent

    1

“Spirent Network Emulator” は、実際のネットワークにおいて起こり得る遅延、パケットロス発生等の障害をお客様のラボ内で高精度に再現するソフトウェアベースの多ポート対応ネットワークエミュレータです。 Spirent Network Emulatorは1G/10Gイーサネットに対応し、通信事業社・ネットワーク装置ベンダーの回線へのエラーインジェクション要求にお応え致します。また”Any Port to Any Port”で接続ができるので、離れた複数の拠点間の接続擬似を1台の製品、画面上で実現することで試験コストを大幅に削減します。

特長

NetworkEmulator2_500.PNG

イーサネットネットワーク上の伝送遅延、エラーを再現

  • 遅延エミュレーション-10GbEで0ms~4sec/1GbEで0ms~10
  • 帯域幅エミュレーション
  • バックグラウンドトラフィック生成
  • パケットの並び替え
  • パケットコラプション
  • パケット重複
  • パケットロス
  • パケット変更
  • Fixed Delay(固定遅延)
  • Fixed Jitter(固定ジッタ)/Variable Jitter(可変ジッタ)
  • Errored Packet(Ethernet FCSエラー挿入)
  • Lost Packet(Packet ドロップ)
  • Repeated packet(パケット複製)
  • Misorder(パケット順序入れ替え)
  • 帯域制御(Policer/Shaper)
  • Packet書き換え
  • Link Flap(リンクフラップ)
  • Symbol Error(1GbEのみ)

ラインナップ

  1G 10G
ネットワークインターフェース数 最大16ポート 最大12ポート
標準ネットワークインターフェース GbE Copper SFP+
オプションネットワークインターフェース SFP+ SFP+
ポート毎の最大パケットレート 2.96 million 29.6 million
寸法 2U 2U

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。