情報通信
IR情報 会社情報





ネットワークエミュレータ「Attero/Attero-X/Attero-100G」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
ネットワークエミュレータ「Attero/Attero-X/Attero-100G」 Attero-100G
0
  • Attero-10

    1
  • Attero-X

    2
  • Attero

    3

40/100Gイーサネット・仮想化環境対応

 

 Spirent Communications社製ネットワークエミュレータAttero/Attero-X/Attero-100Gは、実際のネットワークにおいて起こり得る遅延、パケットロス発生等の障害をお客様のラボ内で高精度に再現するハードウェアベースのネットワークエミュレータです。 Attero-Xは100M/1G/10Gイーサネットに対応し、通信事業社・ネットワーク装置ベンダーの回線へのエラーインジェクション要求にお応え致します。

特長

attero_zu.jpg

イーサネットネットワーク上の伝送遅延、エラーを再現

  • Fixed Delay(固定遅延)
  • Fixed Jitter(固定ジッタ)/Variable Jitter(可変ジッタ)
  • Errored Packet(Ethernet FCSエラー挿入)
  • Lost Packet(Packet ドロップ)
  • Repeated packet(パケット複製)
  • Misorder(パケット順序入れ替え)
  • 帯域制御(Policer/Shaper)
  • Packet書き換え
  • Link Flap(リンクフラップ)
  • Symbol Error(1GbEのみ)

ハードウェア制御により高精度なエラー再現能力を達成

  • 1Gbps/10Gbpsワイヤーレート動作保証
  • 伝送遅延: 10Gワイヤーレート最大 800msec、1Gワイヤーレート最大 8sec
  • 使いやすいGUIを提供
  • 複数の障害フィルター設定

ラインナップ

  機能 インターフェース
Attero-100G 40G & 100Gイーサネット対応モデル 2x100G(CFP2/XFP) & 2x40G(QFP+)
Attero-V 仮想化環境対応モデル -
Attero-X 1 & 10Gイーサネット対応モデル 2x10G(SFP+/XFP) & 2x1G(RJ45/SFP)
Attero 1Gイーサネット対応モデル 2x1G(RJ45/SFP)

Attero-100G

Attero-100G
搭載インターフェース 40G:QSFP+ 2ポート
100G:CFP2(100GBASE-LR4/SR4) 2ポート、
CXP(100GBASE-SR10) 2ポート

page top↑

Attero-V(ソフトウェア製品)

Attero-V(ソフトウェア製品)
搭載インターフェース サーバ内の仮想ポート
動作環境 VMware ESXi 5.5
Linux Host running KVM/QEMU(LibVirt)

page top↑

Attero-X

Attero-X
搭載インターフェース 100/1000BASE-T(Copper):2ポート
1GbE(SFP):2ポート
10GbE(SFP+):2ポート
10GbE(XFP):2ポート
寸法(mm) 442.4 x 227.8 x 88.2 (W x D x H)
重量(kg) 3.2
電力(W) 65
入力電圧(V) 100-240

page top↑

Attero

Attero
搭載インターフェース 100/1000BASE-T(Copper):2ポート
1GbE(SFP):2ポート
寸法(mm) 442.4 x 227.8 x 88.2 (W x D x H)
重量(kg) 3
電力(W) 65
入力電圧(V) 100-240

page top↑

detail__vid--text.png

はい (5)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。