≪業界初! 1筐体で100GbEに対応≫
「Attero-100G」“5G対応ライセンス”&“25GbEインタフェース”

~ 5Gフロントホールネットワーク障害テストが実現可能に ~

Attero-100G

5G対応ネットワークエミュレータ「Attero-100G」

Attero-100G “5Gフロントホールネットワーク障害テストライセンス” fiber_new

SyncEでは、BBUとRRHの間での同期が利用され、BBUとRRHの間での同期を維持する必要があります。
Attero-100G “5Gフロントホールネットワーク障害テストライセンス”は、SyncEを念頭に設計されており、RRHとBBUの同期パスを切断せずフロントホール接続とまったく同じラインレートで動作します。

  • SyncEパススルーと外部基準クロックへの同期をサポート
  • フロントホールに必要な25GbEおよび10GbEインタフェースの両方をサポート
  • eCPRIおよびRoE(IEEE1914.3)トラフィックフィルタリング
  • 100GbEおよび40GbE光インターフェースも利用可能

データシート

Attero-100G “25GbEインタフェース”

フロントホール、データセンタおよびその他汎用アプリケーションの25GbEインタフェースを構築・導入する無線機メーカーは、実ネットワーク条件が製品やサービスにどのような影響を与えるかを把握する必要があります。
Attero-100G “25GbEインタフェース”は、フロントホール・データセンタおよびその他汎用アプリケーションの、25GbEインタフェースに対応しているため、通信事業者は実ネットワーク条件の影響をラボ内で検査し、導入時にサービスを円滑に運用できます。

  • OAM、フェイルオーバー、ルータ認定、ネットワークバッファ最適化、許容可能なジッタしきい値、25GbEネットワークでのルータ検証等様々な用途で利用可能
  • 25GbEインタフェースと、フロントホール、データセンタおよびその他汎用25GbEアプリケーションの障害をサポート
  • 25GbEラインレートで2,4,8または16の障害プロファイルを完全に独立して設定可能

データシート

お問い合わせ先

株式会社東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部
Attero 製品担当
phone 03-3245-1250

Attero 製品ページ