IR情報 会社情報

ブログ

カテゴリ:SYNESIS
  • RSA® Conference 2019 を振り返って

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2019/03/28(木)18:25:26

    去る3月4日~7日まで、米国・サンフランシスコのモスコーニセンターにてRSA® Conference が開催されました。発表によると 世界各地域から42,000名もの来場者が訪れ、31基調講演、740 講演者と621セッションが行われました。展示企業は700を超え、東陽テクニカはTOYOTech LLC(東陽テクニカ米国子会社)とともにTOYO Teamとして参加致しました。撮影した写真をアルバムビデオとして公開しています。ぜひ御覧になってみてください。https://youtu.be/olOZAviT6i0 東陽テクニカブースでは、大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」をメインに展示しました。この製品は1GbEから100GbEまでパケットロスなくキャプチャでき、この点においては他社も実現していない大きな特長を持った製品です。10Gでも100Gでも(またはそれ以上でも)パ... ...続きを読む
  • 100Gbpsキャプチャ用ポータブルマシン

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2018/10/26(金)10:26:33

    我々は2015年6月に世界で初めて100Gbps対応のパケットキャプチャ/解析システムを開発し、発売を開始しました。今回は、本日(※1)時点でも世界で唯一の製品である100Gbpsのトラフィックをキャプチャ可能な、パケットキャプチャ製品SYNESISのポータブルタイプの、その開発の背景について少しご紹介したいと思います。 まず、パケットキャプチャ装置が必要になる状況について少し考えてみてください。ネットワークで障害が発生し、パケットのキャプチャが必要な場合、どうしますか?最も多い回答は、ノートPCを持ち込み、Wiresharkでキャプチャすることでしょう。しかし、ネットワークの回線が10Gbps以上の場合はどうでしょうか?Wiresharkはキャプチャしたデータをメモリ上に展開するため、高レートのトラフィックではすぐにフリーズしてしまいます。パケットを取りこぼさないという保証もありませ... ...続きを読む
  • 大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」に搭載の高速データ書き込み技術で特許を取得

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2018/09/10(月)11:45:05

    大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」に搭載の高速データ書き込み技術で特許を取得■100ギガビットでも全てのパケットをロスなく連続してキャプチャできる大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」に搭載のコア技術 “データ書き込み装置及び方法” で特許を取得いたしました。製品の詳細については、こちらを参照してください。 ...続きを読む
  • パケットキャプチャを支える高速データ書き込み技術

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2018/05/01(火)14:29:24

    パケットキャプチャを支える高速データ書き込み技術 ここ30年あまりでイーサネットは目覚ましい進化を遂げてきました。転送速度は10M、100M、1G、10G、100Gと指数関数的に増加し、ビジネスにおける利用シーンだけをとっても、多岐にわたって活用されています。それに伴い、パケットキャプチャも高速回線・大容量が求められるようになっています。ここでは、「高速に大容量なデータを書き込む技術」について説明します。 ■外部記憶装置の特性と課題外部記憶装置の多くは、時間的に書き込み性能が変化し、長期間安定した高い書き込み性能を実現できないという問題があります。図1のグラフは、SSDの書き込み性能テストを行った際のデータです。横軸が時間(秒)、縦軸が書き込み性能(MB/s)を示しています。コンピュータ装置における処理負荷が変動しない状態で、一定速度で発生するデータをコンピュータ装置からSSDに書き込み... ...続きを読む
  • SYNESIS Ver 3.5リリース

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2018/02/21(水)13:41:43

    2018年2月7日に「SYNESIS」の最新ソフトウェアVer 3.5をリリースしました。操作性や管理機能が改善され、ユーザーにとってより使いやすくなりました。 ■「SYNESIS」 ver3.5の新機能   ~パケットリプレイヤー機能~ ・パケットリプレイヤー パケットストアからデータを連続してリプレイすることが可能になりました。 SYNESISのメニューから直接選択および操作可能となり、操作性が改善しました。 ~キャプチャ機能~ ・PTP機能 PTPによる時刻同期が可能になりました。 ・キャプチャフィルタ AND/OR条件が設定可能となりました。 パターンによる指定がANDまたはOR条件で結合できるようになりました。 ・保存フィルタ 従来のフィルタに加え、L2/L3プロトコルによるフィルタも設定可能になりました。 ポート番号およびVLAN IDが範囲および複数値で指定できるようになりました。 ・デコード EoEヘッダ... ...続きを読む

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。