路面形状計測システム「XenoTrack-RT」

XENOTRACK(路面検知)

概要

XenoTrack-RTは、ソリッドステート方式LiDARを用いた路面形状計測システムです。車両の上部に着けたLidarを用いて路面までの距離を計測し、そのデータから路面の凹凸マップを作成します。

仕様

 

Front viewモデル Rear viewモデル
走行方向の平均分解能 9mm at 50km/h(速度に比例)
横方向の平均分解能 18mm(固定)
測定精度(高さ方向) 2mm at 30km/h(フラットな路面)
最大計測ポイント数 180,000 点/秒
フレームレート 60Hz
リアルタイム出力レート 300点/秒(1輪あたり)  ─ 
最大走行可能速度(*1) 250km/h
視野角(上下方向) 17° 34°
スキャン範囲(*2)
(フロントアクスルからの距離)
0m – 13m 2m – 9m後方
最大ステアリング角度(*3) ±7° ±20°
サイズ(W×D×H) 幅63cm x 奥行き16cm x 高さ11cm
重量 約3.7kg(センサ部のみ)

*1 :高速走行の場合、システム付属のユニバーサルマウントキットではなく、別途固定方法を検討願います。
*2 :センサのマウントに依存。ここで記載の仕様は高さ1mの位置にセンサを設置し、10°傾けた場合。
*3 :センサのマウントに依存。ここで記載の仕様は幅1.6mの車両のフロントアクスル位置の高さ1mの場所に設置し10°傾けた場合。

用途

  • アクティブサスペンションの研究・開発
  • 運転可能エリア検出(障害物検知)
  • 路面凹凸マップの作成
  • 路面状況判断

設置例

製品詳細を見る

ソリューション一覧へ