機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

軸力管理

ボルト締結における計測の必要性
ボルト締結を高い精度で行い、またその品質を保つためには、使用する工具が正確に調整されている必要があり、組立ラインにおいて定期的に検査されていなければなりません。 ボルト締結について何らかの問題が発生した場合は、使用している締結部品のトルクや軸力を測定し分析することが求められます。締結部品の測定や分析のためには、個々の部品の 材料やメッキによる特性の違いを理解し、コーティングによる特性の変化などを調べることが重要となります。 ボルト締結における計測は、次の4つの段階で行われます。

1.動力工具の調整
ボルト締結には電動工具やエアツールがよく使用されています。動力工具は、目標とする締付け速度・トルク・角度が得られるように調整する必要があります。特にトルクセンサや角度エンコーダを内蔵しているタイプの工具では、この調整が重要となります。検定用としてトルクセンサやトルク角度センサを使用して工具の調整を行います。

2.性能検証
実際に工具が組立ラインで使用されはじめると、定期的な性 能検証が必要となります。一時間毎、シフト毎、一日毎、一週間毎など、現場によって性能検証の頻度は異なります。トルクセンサ、トルク角度センサ、ポータブルデータレコーダを用いて容易に性能検証を行うことができ、初期状態との比較も可能となります。この性能検証を定期的に行うことにより、ボルト締結の品質を保つことができます。

3.締結後検査
ボルトの締結作業が終了した後に、規定のトルクで締結されていることを確認するためにサンプル検査を行います。トルクレンチタイプのセンサとポータブルレコーダを用いて締結されたボルトにトルクを加えることにより、この検査を行うことが出来ます。出力されたピークトルクを目標としていたトルク値と比較することにより、適切にボルトが締結されているかを検査します。トルク角度レンチを用いて検査を行うこともあります。

4.トルクレンチの校正
多くの現場では、トルクレンチが使われています。トルクがあるレベルに達するとカチッと音がしてトルクがかからなくなります。このカチッと音がするトルクのレベルが適切であるかどうかについてトルクレンチ試験機を用いて調べることが出来 ます。トルクレンチ試験機とポータブルデータレコーダを用いてトルクレンチがカチッと音がするときのトルクを計測することが出来ます。
 
contact_btn_p11_tor1.jpg RST.jpg
  • ポータブルデータレコーダー
    1

    ポータブルデータレコーダー Model 920
    PCB Piezotronics,Inc

    Model 920ポータブルデータレコーダは、トルク角度センサ、トルク角度レンチ、トルクレンチタイプセンサ、軸力測定用薄型ロードセル、トルクレンチ試験機を接続し、測定結果を簡単にモニターし、収録することができます。

  • ボルト締結データ解析器
    1

    ボルト締結データ解析器 Model 962
    PCB Piezotronics,Inc

    Model 962 ボルト締結データ解析器はバッテリー駆動で2chの入力が可能です。一つのチャンネルにはトルクセンサ、トルク角度センサ、トルクレンチタイプセンサ、ト ルク角度レンチを接続します。ボルト締結時の締結トルクと角度を時系列で測定することができ、トルクと角度の関係を調べることが
    可能です。もう一方のチャンネルに軸力測定用ロードセルを接続した場合は、トルク・角度・軸力の関係を調べることが出来ます。電動工具、エアツール、トルクレンチなどの多くの締結工具の測定に用いることができます。

  • ボルト締結分析器
    1

    Model3210 LabMasterポータブル
    PCB Piezotronics,Inc

    Model 3210 LabMasterポータブル ボルト締結分析器は、ボルトの特性試験、ボルト締結部分の解析や、動力工具の特性を調べるために使用される多機能分析器です。Model 3210は4チャンネル分の信号入力が可能で、センサへの電源供給も行います。
    データ分析は専用のソフトウェアを用いて行い、本体とPCはUSB経由で接続します。サンリングは最大4kHzで、ソフトウェアで設定することができます。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。