機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





ワイヤーハーネス検査装置 LPA・56B (Wire-Scan) 

ワイヤーハーネス検査装置 LPA・56B (Wire-Scan)

特長

カシメ前のハーネスの状態を、芯線長さ、芯線径、シールの向きを検査します。
画像データを学習モードにより解析・判定するために高い判定能力を発揮します。
lpa_56b_ph01.jpg

テクノロジー

ラーニング(学習)
ボタン操作により自動的に圧着前のワイヤーの良品データを基準波形として記憶します。
RUN(検査)
RUN中は、ワイヤーの外形を画像データとして取り込み基準画像と高精度に比較。設定公差(任意にも設定可能)を超えるものをワイヤー不良として検出します。
lpa_56b_ph02.jpg
特徴
●画像データにより正常・異常判定を行います 
●学習機能により判定値を自動設定します 
●処理速度が速い(最短0.1秒) 
●比較・判定値の変更が容易 
●線処理機への取付けが容易
検出項目
●芯線抜け
●芯線引出し
●芯線バラケ
●被覆残り
●シール挿入方向
lpa_56b_ph03.jpg
精度
 項目  検出能力
 芯線長さ  ±0.1mm
 芯線切れ  ±0.1mm
 シール位置  ±0.1mm

 芯線径

 ±0.1mm
 芯線引出し  ±0.15mm径
シール位置の検出例(正常)
lpa_56b_ph04.jpg
シール位置の検出例(異常)
lpa_56b_ph05.jpg
自動線処理機への取付け例(外観)
  lpa_56b_ph06.jpg
取付け例(拡大)
lpa_56b_ph07.jpg

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。