HI-TEC s.r.l

操安評価向け 低トルク・高精度ステアリングロボットシステム

近年、更なる自動車の乗り心地が車種選択で重要となり、評価も厳しいものになってきました。HITECではそのニーズに応えて 低トルク・高精度ステアリングロボットシステムの開発をいたしました。

特長

  • 最大トルク:4.0[N.m]
  • トルク制御分解能:0.1[N.m]
  • 操舵モード周波数範囲:0.2[Hz]程度 (最大:0.6[Hz]程度)
  • ステアリングトルク分解能:0.05[N.m]
  • ステアリング角度分解能 : 0.05[deg]

システム要件

【ロボット制御範囲】ステアリングのみ

【操舵試験モード】トルク制御もしくは回転角制御による正弦波操舵、及び三角波操舵

【試験エリア】テストコース(一般道、シャシーダイナモは含まない)

【計測要件】
■ステアリングトルク分解能:0.05[N.m]
■ステアリング角度分解能 : 0.05[deg]

【その他要件】
■計測したステアリング角度、ステアリングトルクがアナログ信号として出力可
■試験開始時にステアリングトルクのオフセット調整が可能

概要図

タッチスクリーンモニタ

タッチパネルで簡単にすべてのパラメータ入力が可能です。
※標準ステアリングロボットシステムと同様になります。

ジョイスティックコントローラ

ジョイスティックは、いくつかの機能があります。
一つはデッドマンハンドルで、電力供給の為のON/OFFボタンに相当し、OFFの時はロボット装着時であっても、ステアリングを手動で動かすことが可能です。
また、試験の開始や中断などを実行するボタンもこのジョイスティックに付属します。

緊急リリースBOX

緊急リリースボタンは、電源とモータの接続を切断し手動でハンドルを操作できます。
※標準ステアリングロボットシステムと同様になります。