FAMOS全般top

FAMOS全般に関するFAQ

QWindows 10への対応について

A

FAMOS Ver 7.1から対応しています。Ver 7.0までをご使用の場合はバージョンアップをご検討下さい。バージョンアップ費用は弊社営業部へお問い合わせ下さい。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Q英語メニューで動作させたい

FAQ ID:g069

A

言語切替を行うことで日本語以外のメニューで表示させることができます。
言語切替を行うためには、以下のプログラムを起動させてさせてください。

C:\Program Files\imc\Shared\ImcLanguageSelector.exe

ImcLanguageSelectorが見つからない方は弊社までお問い合わせください。

 

以下のダイアログが表示されます。

このダイアログのリストボックスから希望する言語を選択して下さい。

  • 日本語
  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語

を選択することができます。
Defaultを選択した場合、OSで使用されている言語を使用します。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Q変数をスピーカーで音として再生したい。(Version 6以降では)

FAQ ID:g068

A

注意:
この回答内容はVersion 6以降で利用可能です

Version 5以前のユーザはこちらのFAQを参照して下さい。

再生したい波形が表示されたカーブウィンドウのメニュー"エクストラ/メニューとツールバー/サウンド出力"を選択して下さい。

サウンド出力ツールバーが表示されます。
サウンド出力ツールバーの一番右にあるアイコンをクリックして、サウンド出力をONにしてください。

サウンド出力がONになると、カーブウィンドウの中央部に黒い帯が表示されます。

サウンド出力スタートボタンをクリックすると、再生がスタートします。
再生している部分はカーソルで明示されます。

再生区間を指定することも可能です。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Q変数をスピーカーで音として再生したい。(Version 5以前では)

FAQ ID:g014

A

注意:
この回答内容はVersion 5以前まででご利用下さい。
Version 6以降ではカーブウィンドウに表示した波形を直接再生できます。

以下の手順で変数をスピーカーから再生できます。

(1)再生したい変数を選択してください。
(2)メニュー“変数/変数の再生”を選択します。

注意:
音は±1の範囲の値を再生します。
もし、この範囲に無い場合、レベルを校正してください。

以下のようにレベルが±1でない場合、

以下のコマンドを使用してレベルを校正します。

Signal2 = Signal / Max( Abs( Signal ) )

 

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Q扱える最大データサイズは?

FAQ ID:g029

Q

FAMOSをインストール時にエラーが発生し、インストールできません。

具体的には最初にFAMOSのインストールは完了しますが、この後に続くドライバーのインストールでエラーが発生し、正常にインストールできません。

A

1つのチャンネルの最大データサイズは約2.1GByteです。
サンプル数ではないので注意してください。
また、FAMOSファイルの最大サイズも同様に約2.1GByteです。

ここで、FAMOSではいくつかのチャンネルを扱うことができますが、このときの各チャンネルの最大サイズも約2.1GByteです。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Qセグメントやイベントとはどういう意味ですか?

FAQ ID:g008

A

データ形式の種類

u-LOGGER(データロガー)やFAMOS(波形解析ソフト)は、あらゆるデータフォーマットを取り扱うことができるように、以下のデータ形式を用意しています。

標準 標準は単に計測をスタート&ストップしただけのデータ列です。
FAMOSのほとんどの数学関数はこの標準波形を対象としています。
セグメント セグメントは、行列データのことを意味します。
FFT関係の計算などブロック数で決まったものに対して、定義されます。
イベント イベントは、トリガー計測など毎回の測定時間が不定の場合に用いられるデータ形式です。

データがどの形式であるかは、調べたい変数を選択して"変数/プロパティ"で起動するダイアログのデータ形式で確認できます。
下の例は“セグメント波形”です。

例えば、クラスカウトキットやスペクトラムキットの多くの関数は、ブロック数が決まっているため、結果をセグメントで返します。

【注意】
標準関数の多くはセグメントやイベント構造を持った変数を直接処理できません。
例えば、以下のようなスペクトラム計算された波形に対して最大値を求める関数”Max”を適用するとエラーが発生します。

これは物理的な意味を考えればエラーが発生して当たり前です。
スペクトラム計算された波形データはマトリクス形式で保存されています。
この様子を確認するためには波形エディターでデータを観察してください。

ユーザーは”このデータの最大値を求めろ!”と指示しているわけですが、どの最大値を求めればよいのでしょうか?
例えばセグメント波形であればどのセグメントの最大値を求めるのか指示しなければなりません。
この指示の方法は以下を参照してください。

各セグメントの取得方法

セグメント波形を関数で処理したい場合には、Data[1]のようにセグメント番号を指定してデータを取り出します。
この[1]は1番目のセグメントを意味します。

取り出したセグメント = セグメント波形[ セグメント番号 ]

各イベントの取得方法

次のコマンドで取得できます。
取り出したイベント = EventGet( イベント波形, イベント番号, 0)

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Qデータのサンプリング間隔を変更したい(ダイアログでの変更)

FAQ ID:g049

A

変更したい変数を変数リストで選択し、FAMOSのメニュー[変数/プロパティ]を選択してください。

表示されたダイアログで変数の全ての特性を変更することができます。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Qデータのサンプリング間隔を変更したい(関数による変更)

FAQ ID:g013

A

関数”XDel”を利用するとサンプリングタイムを新しく設定できます。
現在の値を取得するためには関数”XDel?”を使用してください。

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Qコマンドパラメータを利用できますか?

FAQ ID:g003

A

以下のコマンドパラメータが用意されています。

/C  設定ファイルのレジストリーキーの設定
/L  測定ファイルを開く
/D  測定ファイルを開き、表示
/F  インポートフィルター指定
/S  シーケンスを実行
/E  オペレーションの実行

例:

Windowsメニュー“スタート / ファイル名を指定して実行”を選択し、以下のように入力して実行させてください。
FAMOSを起動した後、変数”Slope”を読み込み、表示させます。

例:

インポートフィルターを使用する場合には以下のように /F オプションを使用して下さい。

c:\imc\bin\famos /D recorder.dlo /F recorder.fas

製品詳細はこちら

回答を閉じる

Qファイルの情報やチャンネルの情報はどのように表示されるのですか?

FAQ ID:g009

A

FAMOSは、ファイルにコメントを付けることができます。
データを保存するときに、”データファイル保存”ダイアログの”コメント”ボックスにファイルコメントを入力してください。

このあとデータを読み込むときに、ファイルを選択すると設定したファイルコメントが表示されます。

ところで、FAMOSは複数のチャンネルを1つにまとめて保存することができます。
このとき、各チャンネルにチャンネルコメントを設定しておくと、データを読み込むときに内在しているチャンネル名とそのコメントが表示されます。これはグループ変数を保存したときにも同様です。

製品詳細はこちら

回答を閉じる