機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

FAQ

FAMOS

スペクトラムキット&周波数解析関係

ID.p009

Q.FFT結果に後からA特性を適用する

A.

測定したFFT結果とA特性をカーブウィンドウに示します。


image_toyo_car_famos_tech_qa_P009_data.jpg.jpg
 

FFT結果とA特性のデータがデシベル値である場合、単純なFFT結果とA特性の和算になります。
以下のコマンドを実行させてください。
 

ResultA = Add( data, A_Weighting, 0)
 

このときFFT結果とA特性のX軸データが一致しませんが気にすることはありません。
関数”Add”はX軸の値が一致しなくてもデータを補間して計算してくれます。

計算結果は以下のようになります。


image_toyo_car_famos_tech_qa_P009_result.jpg.jpg
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。