FAQ

FAMOS

スペクトラムキット&周波数解析関係

ID.p005

Q. ウォーターフォールデータからトラッキングデータを抽出する方法

A.


以下のようなウォーターフォールデータと回転数データを対象にします。

ウォーターフォールデータは、以下のようになっています。

X軸:周波数

Y軸:データレベル(縦軸方法)

Z軸:セグメント番号(奥行き方向)

また、回転数データは、以下のようになっています。

X軸:セグメント番号

Y軸:回転数データ

従って、ウォーターフォールのZ軸に回転数のデータを当てはめると通常のウォーターフォール表示になります。
(FAMOSでは、Z軸は等間隔にしか対応していないので、2つのデータに分けています。)
トラッキング解析は、各セグメント(ある回転数の周波数)データに対して、その回転数に対応した周波数のデータを取り出すことです。
ウォーターフォールを上から見ると以下のようになり、緑色で表示されている部分が次数成分に対応します。
回転数と周波数の関係は以下のようになります。

上式より、例えば6000[rpm]のときの2次成分は、200[Hz]となります。

以下にウォーターフォールからトラッキングデータを取得するサンプルシーケンスを示します。

;***************************************************************
;Order.seq
;  振動波形を次数分析します。
;
;FAMOSの組込み関数は、青字で表示されます。
;オンラインヘルプを表示させるためには、カーソルを
;組込み関数の上に持っていき、"Ctrl+F1"キーを押してください。
;FAMOSメインウィンドウの"Output"ボックスにヘルプが表示されます。
;***************************************************************

;------------------------------------
;次数を設定します。
;------------------------------------
OR_Order2       = 2           ;次数
OR_Order4       = 4           ;次数
OR_Order_delta  = 5           ;[rpm]

 

;----------------------------------
;結果を格納する配列を作成します。
;----------------------------------
OR_Point    = Leng?( REV)
Result2     = Leng( 0, OR_Point)
Result4     = Leng( 0, OR_Point)
ResOrderOA  = Leng( 0, OR_Point)

OR_i = 1
While OR_i<=OR_Point

  ;2次成分を取り出します。
  OR_Temp    = Cut( DATA[OR_i], (Rev[OR_i]-OR_Order_delta)/

60*OR_Order2, (Rev[OR_i]-OR_Order_delta)/60*OR_Order2)
  Result2    = ReplIndex( Result,  RMS( OR_Temp), OR_i)

  ;4次成分を取り出します。
  OR_Temp    = Cut( DATA[OR_i], (Rev[OR_i]-OR_Order_delta)/

60*OR_Order4, (Rev[OR_i]-OR_Order_delta)/60*OR_Order4)
  Result4    = ReplIndex( Result,  RMS( OR_Temp), OR_i)


  ;OverAllを計算します
  OR_Temp    = Sqrt( SUM( Result[OR_i]^2))
  ResOrderOA = ReplIndex
( ResOrderOA, OR_Temp, OR_i)


  OR_i = OR_i+1

  End

Result=XYOf( REV, Result)
SHow Result


del OR_* 

製品詳細はこちら

<< スペクトラムキット&周波数解析関係に関するFAQ一覧へ戻る