FAQ

FAMOS

スペクトラムキット&周波数解析関係

ID.p012

Q. パワー加算

A.


音圧をP1,P2,・・・,Pnとして、これに対応した参照レベルを考慮したdBレベル値をL1,L2,・・・,Lnとします。

これらの関係は以下のようになっています。

ここで、PREFは音圧では2E-5Paなどの参照値です。

これらの加算値は以下のように計算できます。

【Example】

60dBと80dBの加算値は以下のようになります。

【Example】

リニア値では以下のようになります。

これらのリニア値に対して二乗して加算します。

このdB値を算出します。

【Example】

オーバーオール値の計算は以下のようになります。

20 * Log( Sqrt( Sum( idB( DATA)^2) / 1.5))

ここで、
DATAはdBの値です。
1.5は等価ノイズバンド幅です。

等価ノイズバンド幅:
1.5 = ハニング


製品詳細はこちら

<< スペクトラムキット&周波数解析関係に関するFAQ一覧へ戻る