機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

FAQ

FAMOS

オクターブ

ID.c021

Q.オクターブ分析データの表示

A.

オクターブ分析されたデータのX軸は周波数スケールで等間隔になるように定義されています。但し、これらの値を以下のようにそのまま表示すると端数が出てしまいます。

image_toyo_car_famos_tech_qa_C021_image002.jpg.jpg

このように単なる対数表示ではX/軸ラベルが一般的なオクターブ表示と多少異なりますし、軸の設定も煩雑です。通常、これらの端数を丸めた値を使用しています。
下表は1/3オクターブの中心周波数です。
 
Center [Hz]
1000
1250
1600
2000
2500
3150
4000
5000
6300
8000
10000


そこで、オクターブ分析されたデータのX軸をスケーリングします。スケーリングは以下の式に従います。

中心周波数=10^(スケールパラメータ/10)
 
X-Scaling 中心周波数[Hz]
.. ..
-3 0.5
-2 0.63
-1 0.8
0 1
1 1.25
2 1.6
3 2
4 2.5
5 3.15
6 4
7 5
8 6.3
9 8
10 10
11 12.5
.. ..
20 100
30 1000
40 10000
41 12500
42 16000
43 20000
.. ..


このようにスケーリングすることで、X軸データは周波数スケールからリニアスケールに変換され、1/3オクターブではXスケールは0, 1, 2...となります。1/1オクターブでは0, 3, 6, 9, 12...、1/12-オクターブでは0, 0.25, 0.5, 0.75, 1, 1.25...です。
各周波数バンドのX間隔は次のようになります。
 
Width of Filter Band Delta-x
1/1オクターブ 3
1/3オクターブ 1
1/12オクターブ 0.25
1/24オクターブ 0.125


FAMOSはこのスケーリングに対応した表示モードを備えていますので、カーブウィンドウに表示させる際にはモードを切り替えるようにしてください。

image_toyo_car_famos_tech_qa_C021_image004.jpg.jpg
 
標準表示モード オクターブ表示モード
image_toyo_car_famos_tech_qa_C021_image006.jpg.jpg image_toyo_car_famos_tech_qa_C021_image008.jpg.jpg
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。