機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

FAQ

OROS社 OR3x

フロントエンド

プレーヤ
ID.x092

Q.信号波形にA特性フィルタを適用して波形を記録したい(その2)

信号波形にA特性フィルタを適用して、RMS値でその波形を記録できますか?

A.

x091で紹介したオプション"オーバオールアコースティック"を利用する方法をお勧めします。

 

ここでは、オプションを使用しない方法を紹介します。但し、少し手間がかかります。また、時間ウェイティングは適用できません。

 

 

【A特性フィルタの適応】

 

(V6.7以降)

アナライザ設定ブラウザ>フロントエンド>入力>入力1>入力フィルタで、Aウェイティングを選択します。

image_toyo_car_nvh_img_fa_92_01p.jpg.jpg

(V6.0以前) 少し複雑ですが以下のように操作すれば、波形を記録することができます。

 

 (1) レコーダで信号を記録

 

 (2) 記録した波形をプレーヤに読み込み

 

 (3) フロントエンドの出力にプレーヤの信号を接続

 

 (4) フロントエンドの出力のフィルタから"Aウェイティング"を適用

image_toyo_car_nvh_or3x_qa_x092_menu.JPG.jpg

 (5) アナライザのOutをInputへ物理的に接続
   Outからは記録された加速度信号が積分され、出力されます。

 

 【RMS値の時間波形の記録】

 入力1をモニタに接続します。

image_toyo_car_nvh_or3x_qa_x092_input.JPG.jpg


image_toyo_common_spacer.gif.gif

アナライザ設定ブラウザ>ウォーターフォールで右クリックして、プロパティを選択し、ウォーターフォールチャンネル選択ダイアログを表示させます。


image_toyo_common_spacer.gif.gif

image_toyo_car_nvh_img_fa_92_02p.jpg.jpg

 


image_toyo_common_spacer.gif.gif

モニタタブでRMSを選択して、緑の矢印ボタンを押して追加します。

image_toyo_car_nvh_img_fa_92_03p.jpg.jpg

 

(V7以降) この波形を、表示/グラフタブ>追加・削除を選択して、ウォーターフォールタブから選択します。
(V6以前) この波形を、メニュー"ウィンドウ/追加・削除"を選択して、ウォータフォールタブから選択します。

 

 

関連

evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。