物性/エネルギー
IR情報 会社情報





マルチチャンネル直流電子負荷 63600シリーズ 

Chroma Ate Inc.
マルチチャンネル直流電子負荷 63600シリーズ 63600シリーズ
0
  • 63600シリーズ

    1

■新製品
多機能・プログラマブル交流/直流電源 Asterionシリーズ

Asterionシリーズ
 

マルチチャンネル・多機能直流電子負荷



63600シリーズは、1フレームで、最大 10 ch の多チャンネル電子負荷装置が構築可能です。各チャンネル独立動作だけでなく、マスタースレーブ機能により、同期動作が可能で、2フレーム同期動作で最大4kW まで容量の拡張が可能です。また、他に類がない、CZモードを搭載。負荷の突入電流を模擬する事が可能です。
201508262145_2.png

sample

特長

豊富なラインナップ
 ・電圧:60V/600V
 ・電流:5A~80A
 ・電力:100W~400W
豊富な負荷モード
 ・適切なレンジを使用する事で、設定分解能・設定確度が向上
低電圧動作:
 ・80A@0.4V (63640-80-80 モジュール)
高速シーケンスプログラム機能
 ・100ステップまで、
 ・時間分解能:100us
絶縁アナログ制御機能
 ・実負荷電流を再現
高速負荷電流立ち上がり:最大10us
アナログ制御機能
 ・実負荷電流を再現
 
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
新機能 CZ(定インピーダンス) モード
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
CZ(定インピーダンス)モードは、電源が使用される負荷環境 により近い環境を実現する為に考えられた、新しい負荷機能で、負荷をコンデンサと抵抗の並列回路と定義し、且つ電源と負荷をつなぐケーブルの直列抵抗とインダクタンスを模擬する機能です。 

image_toyo_common_spacer.gif.gif
応用例として、右の波形をご参照ください。 青色の波形が電源の出力電圧波形、桃色の波形が、負荷 電流波形です。この様に、電源を立ち上げた時に、負荷のコンデンサ成分にチャージされる突入電流をシミュレートする事が可能です。 
コンデンサの容量は、30uF ~ 50,000uF まで設定可能です。
 
cz_ph01.gif
CZ モード時のフロントパネル表示
cz_zu01.gif
image_toyo_common_spacer.gif.gif
 
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
低電圧動作機能
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
63600 シリーズは、低電圧でも大電流を引く事が可能です。 一般的な電子負荷では、1.5V 以上の電位差が無いと、電流を引く事ができませんが、例えば63640-80-80 型は、0.4V で最大 80A まで電流を引く事が可能です。
また、左の図のように、0.4V 以下でも電流を引く事が可能で、燃料電池の評価にも最適です。 
0V 電子負荷のように、電子負荷内部にバイアス電源を搭載 してませんので、燃料電池のみの特性試験が可能です。 
cz_zu02.gif
image_toyo_common_spacer.gif.gif
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
完全な10ch 同期機能&マスター/スレーブ機能
image_toyo_fuka_products_images_spacer.gif.gif
63600 シリーズは、メインフレームと電子負荷モジュールから構成されます。モジュールは、 63610-80-20 (100W x2ch)、63630-80-60(300W x1ch)、63640-80-80(400W x1ch) の3種類を ご用意しています。メインフレームには最大5台までのモジュールを挿入する事が可能で、63610-80-20 を5台使用すれば、最大 100W x10ch の多ch電子負荷システムとしてご使用 頂けます。 10ch は、それぞれ独立して使用する、あるいは完全に10ch を同期して使用する事も可能です。同期動作時、従来の電子負荷のように、負荷ON 時のタイミングにわずかなずれも生じません。
10c_zu01.gif 10c_zu02.gif
image_toyo_common_spacer.gif.gif
    63600 シリーズ     従来型電子負荷
   
63600 シリーズはまた、マスター/スレーブ機能も持っています。63640-80-80 型モジュールを5台をマスター/スレーブ機能を使用し、並列動作させる事で、最大2kWの電子負荷としてご使用頂けます。その際、従来の電子負荷のように、モジュール間での同期が不完全な為、 立上り波形に歪みが生じる事は、63600 シリーズにはありません。
10c_zu03.gif 10c_zu04.gif
63600 シリーズ 従来型電子負荷
image_toyo_common_spacer.gif.gif

仕様

63600シリーズ
型番 63610-80-20 63630-80-60 63630-600-15 63640-80-80
電力 100W x 2ch 300W 400W
電圧 80V 600V 80V
電流 0.2A/2A/20A 0.6A/6A/60A 0.15A/1.5A/15A 0.8A/8A/80A
設定
電流確度 0.1%+0.1%F.S.
電圧確度 0.05%+0.1%F.S.
抵抗確度 お問い合わせください
電力確度 0.3%+0.3%F.S.
測定
電流確度 0.05%+0.05%F.S.
電圧確度 (Low/Midレンジ)0.025%+0.01%F.S. (Highレンジ)0.01%+0.0025%F.S.
電力確度 0.1%+0.1%F.S.
Vモニター出力 0.5%F.S.
Iモニター出力 0.5%F.S.
出力 0-10V
機能
シーケンス数 最大100ステップ
シーケンス時間設定範囲 100us ~30s
インターフェース
USB 標準
GPIB オプション
LAN オプション
 
一般仕様
モデル名 寸法(WxDxHmm) 重量
63600-1 70.22x554.9x177 7.5kg
63600-2 >210x554x177 11.5kg
63600-5 447x554x177 15.6kg
※重量はモジュールの重量を含みません
 
モデル名 重量
63610-80-20 5kg
63630-80-60 4kg
63630-600-15 5kg
63640-80-80 4.5kg
 
入力仕様
モデル名 入力電圧 周波数 消費電力
63600-1 100~115V、
190~230V
47~63Hz 300VA
63600-2
63600-5

オプション

A636000 GPIBインタフェース
A636001 イーサネットインタフェース
A636003 外部信号ボード(テストピン)
A636005 外部信号ボード(テストピン)BNC)
A636007 63600-2用ラックマウントキット
A636008 63600-5用ラックマウントキット

ラインナップ

モジュールラインナップ
 
型番
電力
(MAX)
電圧(V)
(MAX)
電流(A)
(MAX)
 
ch数
 
最小動作電圧
63630-600-15 300W 600V 15A 1ch 2V@15A
63640-80-80 400W 80V 80A 1ch 0.4V@80A
 
メインフレームラインナップ
  スロット数 ユニット数
63600-1 1 4U
63600-2 2 4U
63600-5 5 4U

ダウンロード

63600シリーズ 和文カタログ ダウンロード

和文マニュアル  psst@toyo.co.jp へお問い合わせください

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。