物性/エネルギー
IR情報 会社情報





磁気フィールド イメージングシステム「CMOS-MagView」 

Matesy GmbH [独国マテジー社]
磁気フィールド イメージングシステム「CMOS-MagView」
0
  • 1
  • 着磁状態

    2
  • 溶接

    3
  • 電磁鋼板

    4

CMOS-MagViewは、MO Sensor領域内の磁気フィールドを二次元的に可視化することが出来ます。 LED光源、カメラ、MO Sensor(磁気光学センサー)が一体となったシステムでセンサー部に測定試料を載せるだけで瞬時に測定することが可能です。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
TEL:03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

■概要
 CMOS-MagViewは、MO Sensor領域内の磁気フィールドを二次元的に可視化することが出来ます。
 LED光源、カメラ、MO Sensor(磁気光学センサー)が一体となったシステムでセンサー部に測定
 試料を載せるだけで瞬時に測定することが可能です。

■測定対象例
 ・リニアエンコーダ、ロータリーエンコーダ
 ・形状記憶合金
 ・2極/多極永久磁石
 ・音楽テープ
 ・ボンド磁性材料
 ・合金鋼
 ・磁気ストラップカード
 ・電流回路
 ・磁気インク

■ラインナップ
 201508281420_1.png

■仕様
 201508281417_2.png
 光源:単色LED(約590nm)直線偏光
 使用可能温度範囲:+10℃~+50℃
 推奨動作温度:+15℃~+30℃
 インターフェース:USB2.0
 電源:100-240V,50-60Hz,12V,3A DC
 重量:2 kg

■基本構成
 ・システム本体
 ・制御・解析ソフトウェア
  ※別途、PCが必要となります。

測定方法と測定事例

■測定方法
201508281412_1.png
CMOS-MagViewのセンサー部にサンプルを設置するだけで簡単に測定可能です。
カラースケールやグレースケールで磁気強度の分布がイメージ化されます。
(3D表示も可能。)
 
 
201508281412_2.png 201508281412_3.png 201508281412_4.png
・カラースケールモード ・グレースケールモード ・3Dモード


■測定事例
 NdFeBリング磁石の磁気均一性評価
201508281412_5.png 201508281412_6.png 201508281412_7.png
均一に着磁されている場合 着磁ムラが発生している場合
※暗部分が着磁不良箇所
均一に着磁された磁石を消磁した場合

 ラバー磁石の着磁評価(カラースケールモード)
   

ソフトウェア画面

201508281412_8.png 磁気フィールドイメージ表示画面

位置情報vs磁気特性のグラフ表示
 ※イメージ表示画面中で選択したエリア
 (黄色点線枠)の情報が表示されます。

グラフ表示中で選択したポイントの詳細
 情報を表示。ピーク解析も可能

アプリケーション例

永久磁石の着磁状態検査
瞬時に磁石全体の磁場分布を測定できます。割れ、欠け、材料分布の不均一を確認できます。


201508281443_1.png
  特に強い磁石の評価例
反転磁場を与えて適度に消磁すればセンサーを飽和させてしまうほどの強力な磁石でも磁場分布を観察でき品質管理上の問題点を評価できます。
201508281443_2.png


溶接部の磁気探傷

フラットに研磨された溶接部でも磁場分布を観察すれば接合部の様子を詳細に確認できます。
201508281443_3.png
 

配向性電磁鋼板の磁区観察

外部磁場の強度により磁区が変化してゆく過程をリアルタイムに観察できます。
201508281443_4.png


磁気インクの品質評価
磁気インクの品質を画像化して評価することができます。

 

ロータリーエンコーダーの磁気イメージング
磁気式ロータリーエンコーダーの磁気状態が正常であるかを一目で評価することができます。

     
     

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。