Matesy GmbH(マテジー / ドイツ)

磁気モーメント測定システム「M-Axis」

M-Axisは高いユーザビリティと高精度測定を実現した新方式の磁気モーメント測定システムです。
磁気モーメントの大きさと方向、残留磁化などのパラメーターを簡便に測定することが可能です。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
keisoku[at]toyo.co.jp

特長

高いユーザービリティ 1アクションで測定可能

本システムはサンプルの位置調整がほとんど必要ありません。測定ステージの中心付近にサンプルを置いて測定ボタンを押すだけで、再現性の高い測定を簡便に行うことが可能です。
また、広く用いられているフラックスメータを使用した磁気モーメント測定のようにサンプルを移動させる必要もありません。

高精度測定測定が可能

簡便な測定であるにも関わらず、磁気モーメントの測定誤差は<1%, <0.1°を誇ります。

多様なパラメータ測定に対応

1回の測定で多数のパラメータを取得することが出来ます。
サンプルの形状などの情報を入力することで、残留磁化を算出することも可能です。

測定可能パラメータ

磁気モーメント / Magnetic moment Am²
鉛直方向の磁軸の傾き / Axis deviation Degree[°]
水平方向の磁軸の向き/ Longitude Degree[°]
残留磁化 / Remanence mT
残留磁化(反磁場含む) / Permanence mT
鉛直上方向の磁極 / Orientation S極orN極

仕様

本体仕様

モデル別の仕様は下記の通りです。
標準3モデルの他に、サンプルに合わせた特注仕様も承ります。

仕様

  M-axis S M-axis M M-axis L
磁気モーメント測定範囲 0.01 ~ 1.00Am² 0.10 ~ 3.00Am² 1.00 ~ 10.00Am²
磁気モーメント測定分解能 0.0001Am²
磁気モーメント測定精度 <±1%
磁軸傾き測定分解能 0.01°
磁軸傾き測定精度 <±0.1°
インターフェース USB
制御・解析ソフトウェア 標準添付
本体サイズ W400 X D400 X H250mm
電源 85-264VAC / 47-63Hz

ソフトウェア仕様

本ソフトウェアは制御・解析機能を搭載しております。
各種測定結果を一目で分かるように表示することが出来ます。
また、磁気モーメントを3D表示することも可能です。

ソフトウェア画面 磁気モーメントの3D表示画面

システム構成

M-axis 磁気モーメント測定システムの基本構成とオプションの一覧です。

基本構成

  • M-axis基本測定ユニット(Boxタイプ)
  • 近傍磁場N/S
  • 回転サンプルステージ
  • 標準磁石
  • 専用ソフトウェア

モデルラインナップ

  • ボックスタイプ
  • デスク一体型タイプ
  • コンベア一体型タイプ

オプションモジュール

  • ソーティングモジュール

オプション

ボックスタイプ

ボックスタイプ

標準モデル
持ち運びも可能

デスク一体型タイプ

デスク一体型

非磁性の机で構成されているため、
外乱による測定誤差を軽減。

コンベア一体型タイプ

ボックスタイプ

毎時500サンプルの測定が可能
磁軸傾き測定確度 <1°

ソーティングモジュール

デスク一体型

すべてのモデルに組み合わせ可能
合否判定による選別が可能

事例紹介

事例① 標準サンプルの磁気モーメント測定

磁気モーメント測定事例

測定条件
測定対象物:M-axis用標準磁石
測定装置:M-axis M ボックスタイプ
測定環境:木製の机上(磁気シールド無し)


水平方向から見たイメージ図
測定結果

事例②一般的な磁石の磁気モーメント測定事例

磁気モーメント測定事例

測定対象物:一般的なネオジム磁石
測定装置:M-axis M ボックスタイプ
測定環境:木製の机上(磁気シールド無し)

磁気モーメントの大きさと磁軸の傾きを評価

水平,上から見たイメージ図
測定結果

動画