海洋/特機
IR情報 会社情報

サイドスキャンデータ処理

  • CleanSweepサイドスキャン・測深データ後処理ソフトウェア
    1

    CleanSweepサイドスキャン・測深データ後処理ソフトウェア
    Oceanic Imaging Consultants, Inc.

    OIC CleanSweepはサイドスキャン画像、インターフェロメトリック測深、マルチビーム測深データの姿勢補正、ナビゲーション補正、画像強調、モザイキング用後処理用の、OIC Toolkitの後継ソフトウェアです。ソナーの収録データと編集データを同時に表示することができ、ロール、ピッチ情報はウォーターフォール表示画面上で確認でき、左右舷方向のフルスワス表示も可能です。ゲインカーブのマニュアル調整など高度なデータ補正が可能です。
    dummy_spacer.gif

  • Fledermaus 3Dビジュアライゼーションソフトウェア
    1

    Fledermaus 3Dビジュアライゼーションソフトウェア
    Quality Positioning Services, Inc

    ”フレダーマウス”3次元可視化ソフトウェアは、マルチビーム測深データの編集、品質管理、環境影響評価、探鉱、地質調査、海底のケーブル敷設等のアプリケーションに威力を発揮する3次元ビジュアライゼーションソフトウェアです。

  • HIPS・SIPS 高機能海洋測量・調査データ処理ソフトウェア
    1

    HIPS・SIPS 高機能海洋測量・調査データ処理ソフトウェア
    Teledyne CARIS

    Teledyne CARIS™社製「HIPS and SIPS」は、マルチビーム測深データやLiDARなどの高密度点群計測データの後処理およびサイドスキャン画像処理のための、世界標準の強力なデータ処理ツールです。
    「Ping-to-Chart™」ソリューションの第1歩として、次の機能を提供します。
    ・測深データ処理
     ソナーデータのping処理からデータ編集、グリッド地形(一般的なグリッド、CUBE、VRSなどの高度グリッド地形)の作成、等深線図、地物生成
     IHOに準拠(水路測量業務にも対応)しており、TPU(統合伝播不確定性)に基づく測深データ品質の管理が可能
    ・サイドスキャンデータ処理
     サイドスキャンソナー、マルチビームサイドスキャン及びマルチビーム後方散乱データを処理可能。
     シンプルなワークフロー化された、高度なサイドスキャン画像補正(SIPS Sidescan、GeoCoder™、SIPS Backscatter)処理によるモザイク画像の生成
    ・等深線図、地物情報の生成
     グリッド図、サイドスキャンモザイクなどから等深線図や地物情報(岩礁/沈船など)の生成

  • CARIS Onboard 海洋測量・調査データオンライン自動処理ソフトウェア
    1

    CARIS Onboard 海洋測量・調査データオンライン自動処理ソフトウェア
    Teledyne CARIS

    Teledyne CARIS社製海洋測量・調査データオンライン自動化ソフトウェア「Caris Onboard」は様々な海洋調査用のセンサからのデータを最小限のコンバートと最低限の時間でほぼリアルタイムに処理することが出来ます。また、CARIS Onboardは自動航行艇での使用を想定されており、通常の有人測量船はもちろん、UUVやUSVで使用することで、後処理の時間やリソースの大幅な削減が可能になります。
     

  • HYPACKⓇ 統合型海洋測量・調査ソフトウェア
    1

    HYPACKⓇ 統合型海洋測量・調査ソフトウェア
    HYPACK - A Xylem Brand (旧 Coastal Oceanographics, Inc.)

    HYPACKⓇは、i-Constructionに基づくICT活用工事(浚渫工)に対応した、海洋測量・港湾工事の全てのニーズに応える多機能・統合型のデータ収録・解析処理ソフトウェアスイートです。

PAGE TOP