海洋/特機
IR情報 会社情報





OIC Tool kit サイドスキャン/測深データ後処理ソフトウェア 

OIC Tool kit サイドスキャン/測深データ後処理ソフトウェア Tool_kit
0
  • Tool_kit

    1

OIC Tool kitは、UNIXワークステーション上で動作する、サイドスキャン画像、インターフェロメトリック測深、マルチビーム測深データの姿勢補正、ナビゲーション補正、画像強調、モザイキング用後処理ソフトウェアです。
各メーカーで収録したサイドスキャン/インターフェロメトリ/マルチビームの画像データを入力し、編集、処理、画像強調等の処理を一貫して行い、生データから各種補正を加え、地理座標にコーディングされた海底地形データを高精度の印刷物レベルの成果品として出力します。デジタル出力データの形式は、各種のラスターデータ、ベクター及び各種GISフォーマットで出力します。

特長

操作手順が自動的に記録されるため、操作手順の履歴を残す必要がなく、大量のデータを処理できます。
大規模なデータセットのデータ処理に最適です。
データファイルをGUIで選し、ソナーデータのスワス方向カバレッジマップの自動的作成するため、ファイル名の生成作業やログノートの作成をしなくとも処理すべきエリアのデータについて直感的なマッチングができます。
テンポラリーファイルではなく処理プロセスを記録していくので、データの調整が簡単で、データに関する忠実度を失うことがありません。直前の変更にも対応が可能です。

オプション

※対応ソナー

EGG260、380、DF-1000、LC-100、FS-AU

KEIN SYSTEM2000、SYSTEM5000

Datasonics SIS10000、SIS1500、SIS3000

Reson Seabat9001、8101、8125、8124

Simrad EM12、300、950、3000

C-max CM2、CM800

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。