海洋/特機
IR情報 会社情報





SeaBeam3012/3020型深海用マルチビーム測深機 

Wärtsilä ELAC Nautik
SeaBeam3012/3020型深海用マルチビーム測深機 海底地形調査
0
  • 海底地形調査

    1
  • システムイメージ

    2
  • 参考:測深能力

    3

SEABEAM3012/3020 型はWärtsilä ELAC Nautik社が提供する最新の深海用マルチビーム測深・ソーナーシステムで、全測深レンジにおいて全ての船舶の動揺軸を完全に補正している唯一の深海用マルチビーム測深・ソーナーシステムです。
深海向けの最新システムであるSEABEAM3012/3020には、Wärtsilä ELAC Nautik社が特許を保有する「スウェプトビーム(Swept Beam)方式」と呼ばれる革新的なビーム単位の送波技術が適用されており、送波ビームごとに調査船のピッチ、ロール、ヨーモーションを理想的に補正します。このスウェプトビーム送受波方式により広いスワス幅を実現し、浅海域においてはニアフィールドフォーカシング(Near Field Focusing)技術により、既存のセクタースキャン送受波技術とは全く異なる、遥かに高性能の測深・サイドスキャンデータ取得能力が実現されています。

システムは周波数12/20KHz で動作し、最大船速12Kt において水深50m11,000 mの海底地形の精密測深を実施するとともに海底のサイドスキャンイメージを出力します。

特長

・12/20kHzの超音波により、水深11,000mまでのナローマルチビーム測深が可能
・スウェプトビームによる理想的なビームステアリングを実現
・ビーム本数205本、最大140°
・リアルタイムにデジタル化された海底地形とソナー画像を表示出力
 現場で即座にオペレーションの成果確認が可能
・最大船速12ktで調査ができ、複雑な地形や構造物のある海底でも高速な調査が可能
・機械的可動部品を使用しないため、過酷な動作環境でも高度な信頼性を発揮

比較表

測深レンジ 品名 方式 周波数 ビーム幅
~50m GeoSwath Plus 500kHz インターフェロメトリ方式 500kHz  
~100m GeoSwath Plus 250kHz インターフェロメトリ方式 250kHz  
~200m GeoSwath Plus 125kHz インターフェロメトリ方式 125kHz  
75m以上 Sonic2020 クロスファンビーム方式 200~400kHz 400kHz : 2°× 2°
200kHz : 4°× 4°
400m以上 Sonic2022 クロスファンビーム方式 200~400kHz, 700kHz 700kHz : 0.6× 0.6°
400kHz : 1°× 1°
200kHz : 2°× 2°
400m以上 Sonic2024 クロスファンビーム方式 200~400kHz, 700kHz 700kHz : 0.3°× 0.6°
400kHz : 0.5°× 1°
200kHz : 1°× 2°
600m以上 Sonic2026 クロスファンビーム方式 100kHz,
200~400kHz,
400kHz : 0.5°× 0.5°
200kHz : 1°× 1°
100kHz: 2°×2°
~450m SeaBat7125 クロスファンビーム方式 200, 400kHz 400kHz : 0.5°× 1°
200kHz : 1°× 2°

~500m

SeaBat7101 クロスファンビーム方式 240kHz 1.5°× 1.8°

~1000m

SeaBat7111 クロスファンビーム方式 100kHz 1.5°× 1.9°

~3000m

SeaBat7160 クロスファンビーム方式 50kHz 2°× 1.5°

~3000m

SeaBeam3050 クロスファンビーム方式 50kHz 1°,1.5°,
3°×1°もしくは2°

~7000m

SeaBeam3030 クロスファンビーム方式 30kHz 1°,1.5°,
3°×1°もしくは2°

~7000m

SeaBeam3020 クロスファンビーム方式 20kHz 1°もしくは2°

~11000m

SeaBeam3012 クロスファンビーム方式 12kHz 2°× 2°

detail__vid--text.png

はい (2)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。