Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

マルチレイヤポータブルIPパフォーマンステスタ「Spirent C1」

Spirent C1は、Layer 3までのパフォーマンステスタ(Spirent TestCenter)とLayer 7までのアプリケーションテスタ(Avalanche)、モデルによってはセキュリティ・アプリケーションテスタ(Cyberflood)や無線LAN(802.11acや802.11axなど)が1台のテスタで動作しオールインワンテスト環境を提供します。

特長

  • Spirent TestCenterとAvalancheを切り替えて使用可能
  • フットワークの良いポータブルキャリータイプ
  • 静音性・消費電力に優れた設計
  • クラウド/アプリケーションからルータ/スイッチ性能評価/無線LAN機器 DDoS 検証も1台で対応

仕様

ハードウェア仕様

サイズ 搭載可能テストポート データシート
331(W) x 87(H) x 241(D) mm, 4.5kg - 10GbE SFP+ 2ポート
- 10G/5G/2.5G/1G/100MBase-T 4ポート
- 10/100/1000Base-T 4ポート

ダウンロード

Layer2-3 Spirent TestCenter性能

送信ストリーム数 512~
受信ストリーム数 511~
Min/Max フレーム長 60 to 16004 byte
Min/Max 送信レート 1 packet per 3.43 seconds to 101% of line rate
VFD 4

Layer4-7 Avalanche性能

パフォーマンス表 C1-10G (10Gx2) 2台 C1-1G(1Gx4) 2台
コネクション/秒 (HTTP 1.0) 100,000 100,000
リクエスト/秒 (HTTP 1.1) 100,000 100,000
同時接続数(HTTP Open) 1,000,000 1,000,000
同時接続数(HTTPS Open) 190,000 190,000
帯域(HTTP) 5.8 Gbps 3.8 Gbps
帯域(HTTPS) 5.0 Gbps 3.8 Gbps

※C1アプライアンスを2台使用した際のパフォーマンスとなります。 
※設定内容および試験環境によっては上記のパフォーマンス値とならない場合があります。

Layer4-7セキュリティ Cyberflood性能

パフォーマンス表 C1-10G (10Gx2) 2台
HTTP1.0 コネクション/秒 500,000
同時接続数(HTTP open) 1,000,000
帯域(HTTP) 19.3Gbps
帯域(アプリケーションミックス) 6.0Gbps

※C1アプライアンスを2台使用した際のパフォーマンスとなります。

試験例

  • 10Gワイヤレートトラフィック試験
    10GbEインタフェースを搭載したネットワーク装置に対して、IPトラフィックの負荷試験を行います。
  • ルーティング・パフォーマンス試験
    エッジ/コアルータに対してBGPやOSPF等のルーティングプロトコル試験を行い、装置のルーティングパフォーマンス(経路数、ネイバ数)を確認します。
  • セキュリティデバイス試験
    ファイヤウォールなどのセキュリティデバイスに対してLayer 7までのアプリケーショントラフィック試験を行います。

動画