整形外科プランニングツール

整形外科デジタルプランニングツール 『OrthoPlanner Pro』

 

 


発売以来大きな反響を呼んだ東陽テクニカ整形外科デジタルプランニングツールOrthoPlannerシリーズ。 
その他に類を見ない整形外科用計測・作図機能、デジタルテンプレーティングは従来医師がフィルム上で実施していた作業をディスプレイ上で実現しました。 
そしてOrthoPlannerが持つ機能にさらに磨きをかけ、数多くの機能を追加して整形外科に特化したこれからのデジタルプランニングツールがこの『OrthoPlanner Pro』です。 

OrthoPlanner Proは従来の整形外科用計測・作図ツール、デジタルテンプレーティング機能に加え、多くの整形外科医からの要望を盛り込みました。 

シンプルなインターフェースからは想像できない多彩な機能を実装し、ユーザーフレンドリーな操作性により驚くべき作業の効率化を実現する『OrthoPlanner Pro』。 

整形外科医が求めるフィルムレスの答えがこの『OrthoPlanner Pro』です。

 ⇒ OrthoPlanner Proご案内動画はこちら

 ⇒ OrthoPlanner Pro導入事例はこちら

主な特長

  • 国内外のインプラントメーカをサポートした人工関節デジタルテンプレート
  • 整形外科医が求める様々な機能をワンクリックで実現する整形外科計測・作図ツール
  • 計測値の比較や術後の評価をじっすする特殊計測ツール
  • 一連の計測を自動実行するカスタム計測機能
  • トレーシングペーパー上で実施していた作業を実現するアウトラインツール
  • 術前プランニングの結果を容易に参照可能なプランニングレポート作成機能
  • 正確な計測、テンプレーティングを実現するキャリブレーション機能
  • 整形外科だけに留まらないシステム運用を実現
 

人工関節デジタルテンプレートを実装

 

整形外科用計測・作図ツール

(画像をクリックすると 拡大表示されます。)

『OrthoPlanner Pro』は従来X線フィルムに重ねていた人工関節テンプレートをデジタルテンプレートとしてビューアに実装しています。国内外数多くの主要インプラントメーカのテンプレートから院内で使用している製品データを即座に呼び出すことができます。さらにお気に入り登録も可能であり、テンプレート選択の煩わしさを一掃し、迅速なテンプレーティングが可能です。
OrthoPlannerデジタルテンプレートライブラリは股関節や膝関節だけでなく、肩、肘、骨折用等様々なテンプレートが用意されており、あらゆる関節部位のプランニングに使用していただけます。さらにこのデジタルテンプレートライブラリは継続的に更新されており、長期的にも安心してご使用いただけます。

 

整形外科計測・作図ツール

 

アウトライントレース機能

(画像をクリックすると 拡大表示されます。)

● 矢印ツール ● 距離ツール ● 角度ツール 
● コブ角ツール ● 円ツール ● 中心線ツール 
● 垂線ツール ● 平行線ツール ● 交点ツール 
● 中点ツール

『OrthoPlanner Pro』では整形外科医が必要とする各計測・作図ツールを実装しています。通常のPACSビューアでは対応できない計測、作図をクリックのみで実現します。

 

特殊計測ツール

 

カスタム計測機能

(画像をクリックすると 拡大表示されます。)

● 距離比較ツール ● 角度比較ツール 
● 前捻角計測ツール 

『OrthoPlanner Pro』は距離比較、角度比較、さらに術後のインプラント配置確認の為の前捻角計測機能を実装しています。OrthoPlanner Proは術前だけでなく術後でも活用することができます。

    

カスタム計測機能

 

アウトライントレース機能

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

『OrthoPlanner Pro』が持つ各種計測、作図ツールを用いて一連の計測を自動実行させることが可能です。
このカスタム計測は医師、部位毎に作成、登録することが可能であり、整形外科医が実施する作業の大幅な効率化を実現します。

アウトラインツール

 

カスタム計測機能

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

従来フィルムにトレーシングペーパーを重ね合わせ、作図や治療計画の立案を行っていた骨折症例。『OrthoPlanner Pro』が持つアウトライントレース機能は画像データの骨折部位のラインを切り出し、それを正常な位置にポジショニングを行なうことで迅速な骨折治療計画に役立ちます。
さらに骨切術のプランニングでは術後の状態をアウトライントレース機能でシミュレーションすることも可能です。

 

キャリブレーション

 

整形外科だけに留まらないシステム運用

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

整形外科のフィルムレス化への大きな課題が画像の拡大率です。
X線撮影時の状況により拡大率は変化する為、デジタルプランニングツールにおいて正確なプランニングのための拡大率補正は必須の機能です。
『OrthoPlanner Pro』は独自のキャリブレーション機能を実装しています。メジャーや金属球を用いて距離を再定義し、正確なキャリブレーションを容易なステップで実現します。 

  

プランニングレポート

 

マルチモダリティ対応

 

『OrthoPlanner Pro』はプランニングの結果をレポート形式で出力することが可能です。
プラ ンニング画像、使用インプラントを容易に確認できるOrthoPlanner Pro独自のレポート出力機能により、使用者はワンクリックで結果をPDF形式で保存することができます。
接続されたプリンターから出力し、参照画像としてご使用いただけます。 

 

整形外科だけに留まらないシステム運用

 

 

『OrthoPlanner Pro』はプランニングした画像をDICOM形式で保存することができます。
これを院内画像サーバーに保存することで院内の画像ネットワークを介してあらゆる端末で参照することが可能です。
医局や病棟で作成したプランニングの手術室での参照やカンファレンスでの検討、さらには外来での説明といった様々な目的で使用でき、整形外科に留まらないシステム運用を実現します。