ContextVision

2D画質改善ソフトウェア・モジュール VolarView(ハンド・ヘルドデバイス用)

VolarViewTMはContextVisionのハンド・ヘルドデバイス型(タブレットやスマートフォン等)超音波医用診断装置に特化して設計された画質改善ソフトウェア・モジュールです。昨今の超音波医用診断装置は携帯性や機動性を重視して在宅医療や災害現場などの様々な場所で使用できるよう、ハンド・ヘルドデバイス(タブレットやスマートフォン等)型で計量・コンパクトボディな装置が多く製造されております。VolarViewTMはUS PLUSViewTM 2.0と同等な機能である、優れた組織均一性、最適化コントラスト、エッジ強調、インテリジェントなスペクル(画像表面上の小さな斑点模様)低減機能などをハンド・ヘルドデバイスにおいて実装いただくことができます。

特長

  • 解剖学的特徴のDFE)直接フォーカスした画質強調
  • アドバンスト動画補償時間フィルタ
  • 近傍および遠方フィールドフィルタ
  • コントラストの最適化
  • 卓越したエッジ画質強調
  • インテリジェントなスペクル(画像表面上の小さな斑点模様)除去

アプリケーション

女性の健康

US PlusviewTM2.0のOB/GYN構成は、信頼性のある測定で高品質の胎児画像を対応します。US PlusviewTM2.0はまた、乳房診断に不可欠な病変の卓越した識別とクリアな針先の視認性に対応します。

一般医用画像

US PlusviewTM2.0の卓越した可視化機能と腹部構造の識別は、高い画像品質を提供し、診断の信頼性を向上します。

心臓血管系

高いフレームレートの心臓壁と心臓弁のクリアな視覚化により正確な定量化による信頼性の高い診断結果を提供します。USPLUSViewはまた、血管機能を改善し石灰化およびアテローム性動脈硬化症を容易に検出します。

ポイント・オブ・ケア

USPLUSViewは、コンパクトなシステムで最適な画像品質を実現します。例えば、筋骨格、麻酔、一時ケアなどの用途に使用することができます。改善された画像品質は比較的経験の少ない超音波医用診断装置のユーザを強力にサポートしてくれます。

アドオン・モジュール

Docotor's Interface(DI)モジュールにより、超音波医用診断装置メーカ様は画像を容易に適用することができます。画像品質をドクターの好みに合わせたり、臨床医にユーザインタフェースを提供することができます。

チューニングツール

USPLUSViewではチューニングツールを提供します。このチューニングツールは超音波医用診断装置メーカ様に様々な設定を満たすためのパラメータ最適化をフレキシブルに提供します。

ギャラリー

胎児のエコー画像;画質向上前(左側)と後(右側)

肝臓のエコー画像;画質向上前(左側)と後(右側)

心臓弁のエコー画像;画質向上前(左側)と後(右側)

頸動脈のエコー画像;画質向上前(左側)と後(右側)

技術優位性

  • シームレスな装置への実装を実現
  • 個々の超音波診断装置の全ダイナミックレンジに対して構成可能
  • 産婦人科系、一般画像系、循環器系とポイント・オブ・ケアに対する構成を最適化

臨床優位性

  • 卓越した画像品質
  • クリアな組織識別
  • 鮮明な臓器余白と境界表示
  • 最適化された流体物の可視化
  • 上質な組織均等性
  • 診断精度の向上