一般社団法人日本物理学会2020年秋季大会 バーチャル展示会に出展します

2020年9月8日(火)~18日(金)

開催時間

開催当日10時~最終日17時まで

●場所

    オンライン

米国レイクショア社製品の総代理店をさせていただいており、日ごろから大変お世話になっております。新製品F71型テスラメータ、372型レジスタンスブリッジ、極低温プローバなど物性計測機器を多数取り扱っておりますので、ぜひ当社ホームページもご覧ください。


展示会概要

〇 日 時 :物性・素核・宇宙
       2020年9月8日(火) ~18日(金)
〇 主 催 :一般社団法人日本物理学会

出展製品



 

LakeShore社製
M91型 MeasureReady FastHall™ホール効果測定コントローラ

M91型 MeasureReady FastHall™ホール測定コントローラは、より高いレベルの精度、スピード、利便性を提供する画期的なオールインワンのホール電圧計測器です。
米国Lake Shore社が特許取得済みのFastHall測定技術を搭載しており、ホール電圧測定中に印加される磁場の極性を切り替える必要なくホール効果測定を可能にします。
この技術により特に高磁場の超伝導磁石を使用する場合、より迅速でより高感度な測定を可能にします。



 

LakeShore社製
AC レジスタンスブリッジ 372型

372型 ACレジスタンスブリッジは、最小の励起電流による温度測定部、PID温度制御部、3つのヒータ出力(ウォームアップ、サンプルステージ、スティル用)を備えており、希釈冷凍機における100mK以下の温度測定とコントロールに最適な機器です。
また、8chプリアンプ/スキャナを接続することで ホール効果や超電導のような超低抵抗測定ブリッジとしても有効に使用できます。

LakeShore社製
TTPX テーブルトップ 極低温プローバー

TTPX型は6本までのマイクロマニピュレータを装備できる卓上コンパクトな極低温プローバーです。TTPXは極低温環境下での電気特性、光物性評価が可能で、直径51mmまでのサンプルや多数のデバイスをウェーハ上に作成した場合も切り出しやワイヤボンディングなしで電気測定が可能です。また、放射熱をカットするために、放射シールド、サンプルステージの2段階冷却構造を有しており、サンプルを確実に冷却することが可能です。

 

LakeShore社製
1軸ハイエンドテスラメータ F41型 / 3軸ハイエンドテスラメータ F71型

F41型1軸 / F71型3軸テスラメータは、磁場測定に定評のあるLakeShore社の最新ハイエンド・モデルです。 TruZero™ テクノロジを搭載し、オフセットや温度ドリフトによる誤差を抑え、高速で 正確な磁場測定を可能にしました。
また、2Dex™ ホールセンサを採用し、アクティブエリア を従来比1/8の0.l㎟の小型にしつつ、測定の信頼性を向上させています。

 
 

LakeShore社製
高精度電流源/電圧源 155型 MeasureReady

高精度なIVソース(電流源/電圧源)である155型 MeasureReadyTMは、半導体材料やそれらのデバイスの特性評価に必要とされる高精度な電流もしくは電圧印加が可能な電源です。温度センサやホール素子などのセンサ駆動用にも便利です。
155-DC型はDCのみ、155-AC型はDCから100kHzまで交流にも対応しています。
フロントパネルはタッチスクリーンを採用し、標準でWifi、USB、LANを装備しています。また、GPIBオプションもあります。

LakeShore社製 475型・F71型比較検証

LakeShore社製 M91型ホール効果測定コントローラ 製品紹介

お問い合わせ先

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
伊豫田 秀雄・立石 瑛花
TEL:03-3245-1103
Email:keisoku@toyo.co.jp