高周波対応電池ホルダ

NEW

高周波対応電池ホルダは電池ホルダと接続ケーブルそれぞれで高周波特性に優れた設計を行っており、コインセル・円筒型セル及びラミネートセル用をご用意しております。バイオロジック社製アドバンスドモデルと本製品を組み合わせた構成で高確度なインピーダンス確度マップとなります。電池ホルダを含めて1 MHz以上の高周波領域まで対応し、低抵抗領域でも高確度なインピーダンス測定を実現するシステムは他にはなく、二次電池の劣化評価に最適な製品です。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

  • バイオロジック社製アドバンスドモデルと組み合わせて1MHz以上の高周波数領域まで対応
  • 接続ケーブルはインダクタンス成分を最小限に抑えた設計
  • 高い再現性を確保 (配線や接触抵抗の影響を最小限に)
  • コインセル・円筒型セル・ラミネートセルに対応
  • 最大120℃までの耐熱仕様

仕様

対応セル コイン :直径20 mm以下、厚み1.6 mm以上
円筒型:直径21 mm以下、長さ70 mm以下
ラミネートセル:幅120 x 奥行150 mm以下
最大電圧/電流 ±30V/10A
最大温度範囲 120℃
接続端子 4 mmバナナジャック
サイズ (W x D x H) コイン・円筒型 :120 x 254 x 20 mm
ラミネートセル型:140 x 254 x 29 mm
※突起物含まず
高周波インピーダンス測定 インピーダンス測定 インピーダンス確度マップ
高周波インピーダンス測定 インピーダンス測定 インピーダンス確度マップ

事例紹介

下図はコイン・円筒型電池ホルダを用いて18650型リチウムイオン電池を以下の測定条件で測定した例です。通常の電池ホルダと比較して、コイン・円筒型電池ホルダの方がインダクタンス成分が1/3程度小さくなっています。さらに、配線や接続を変更して同じサンプルを3回測定した場合でも測定結果がほとんど変わらず、高い再現性を確保していることがわかります。

  • 測定条件
    • サンプル : リチウムイオン電池
    • 測定手法 : 電圧制御EIS (PEIS)
    • DC電圧 : 0 V vs. OCV
    • 振幅電圧 : 10 mV
    • 周波数範囲 : 10 mHz ~ 1 MHz
高周波インピーダンス測定 インピーダンス測定装置 二次電池劣化評価 電池の劣化診断

1 MHzの測定周波数でのインダクタンス成分の比較
通常の電池ホルダと比較して高周波対応電池ホルダの場合L成分の大幅な減少を確認。

“インピーダンス測定 二次電池劣化評価 電池の劣化診断 ナイキスト線図 Cole-Coleプロット

再現性の検証:配線・電池の接続を変更して3回測定
Rs誤差が0.1%と高い再現性を確認

インピーダンス測定 二次電池劣化評価 電池の劣化診断 ナイキスト線図 Cole-Coleプロット