東陽テクニカ(液晶物性評価)

弾性定数測定システム EC-1型

弾性定数は液晶材料の重要な物性値のひとつであることは良く知られています。EC-1型はフレデリクス転移を用いた測定手法でK11(スプレイ)、K33(ベンド)の測定を行います。また、誘電率異方性(Δε)の測定もEC-1型で行えます。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

  • バイアス電圧の影響がないCV測定が可能です。
  • 当社オリジナルのフィッティングソフトで、液晶の弾性定数を求めることができます。