SYNESIS

よくあるお問い合わせに関するFAQ

QSSS| SYNESIS製品に関するお問い合わせ先

A

SYNESIS製品のお問い合わせ先はこちらです。

■ご購入前のお問い合わせ先

株式会社 東陽テクニカ
情報通信システムソリューション部 Synesis 製品担当
E-mail : synesis-sales@toyo.co.jp
TEL : 03-3245-1250

■ご購入後のアフターサポートなどのお問い合わせ先

株式会社 東陽テクニカ
情報通信技術部 Synesis 製品サポート担当
E-mail : synesis-support@toyo.co.jp
TEL : 03-3245-1107

回答を閉じる

QSSS| お問い合わせの際に必要な情報を教えてください。

A

SYNESIS製品に関する当社へお問い合わせの際には,可能な限りこちらの情報を添えてください。

- お客様のお名前
- お客様の会社名,部署名
- お客様のご連絡先
- お問い合わせ製品名,型番

∗以下は,製品をお持ちのお客様のみ
- お問い合わせ製品のバージョン情報
- お問い合わせ製品のシリアル番号
- 付加的な情報 (写真,画面キャプチャ,LED点灯状況など)
- ログファイル(不具合の場合)

ログの取得方法は以下をご参照ください。

関連記事:ログの取得方法を教えて下さい。

回答を閉じる

QSSS| シリアル番号の確認方法を教えてください。

A

シリアル番号は以下の方法のいずれかから確認してください。

【共通】

  • 納入品に添付されている「保守サービス証明書」内にシリアル番号が記載されています。
  • ログ取得手順書を参照しログをご取得いただき、弊社サポート窓口までお送りください。(v3.5以降)

【ラックマウントモデル】
製品上面のラベル内にある"S/N"がシリアル番号です。

【ポータブルモデル】
製品背面のラベル内にある"S/N"がシリアル番号です。

回答を閉じる

QSSS| SNMPを用いてSYNESISの状態監視をすることは可能ですか?

A
可能です。SYNESISは標準MIBに対応しています。

デフォルトではOIDの取得が制限されているため、下記の通り設定を変更してください。
 
  1. SSHでUbuntu OSへログインします
  2. 下記コマンドを実行し、snmpの設定ファイルを表示します
      $sudo vi /etc/snmp/snmpd.conf
  3. 出荷時はlocalhostからのみアクセスが許可されているため、利用環境に合わせて設定変更をお願いします
変更前
# Listen for connections from the local system only
agentAddress udp:127.0.0.1:161
# Listen for connections on all interfaces (both IPv4 *and* IPv6)
#agentAddress udp:161,udp6:[::1]:161
rocommunity public defult -V systemonly
rocommunity6 public default -V systemonly

変更後
# Listen for connections from the local system only
#agentAddress udp:127.0.0.1:161
# Listen for connections on all interfaces (both IPv4 *and* IPv6)
agentAddress udp:161,udp6:[::1]:161
rocommunity public default
rocommunity6 public default

agentAddressを変更し"-V systemonly"の記述を削除することで、全てのOIDを監視できます。
 

回答を閉じる

QSSS| バージョンアップ時にSYNESISの設定は引き継がれますか?

A

はい。設定はバージョンアップ後も引き継がれます。
念のため、バージョンアップ時には設定のバックアップをお取りください。
以下にSYNESISの設定をバックアップする手順を記載します。

  1. SYNESISへログイン後、画面右上部の歯車マーク>[管理ツール]>[設定のバックアップ・リストア]の順番に移動します。
  2. "バックアップ"ボタンをクリックして[バックアップ]画面を表示します。
  3. 画面例赤枠部分の必須項目を入力して画面右下部の"適用"ボタンをクリックします。
  4. リストに追加されたファイル名をクリックします。
  5. [バックアップファイルの編集・ダウンロード]画面で"ダウンロード"ボタンをクリックすると、バックアップファイルがダウンロードできます。

回答を閉じる

QSSS|セキュリティ対策ソフトウェアをインストールする場合の注意事項を教えて下さい。

A
SYNESISへのセキュリティ対策ソフトウェアのインストールは保証の範囲外です。 インストール時やその後に発生した問題(本ソフトウェアが関与したものに限ります)の対応はできません。ただし、これまでに具体的な問題の報告は受けていません。


お客様のポリシーによりインストールが必要となる場合は、 以下のフォルダをスキャン対象外としてください。

/pvc/data/

こちらにはSYNESISのキャプチャデータやデータベースが格納されています。 誤ってファイルの一部が隔離されてしまうとSYNESISとして動作しない可能性があります。 なお、上記を除外することで、セキュリティ対策ソフトウェアによる影響がゼロとなるわけではありません。

この点をご理解の上、導入をお願いします。

回答を閉じる

QSSS| SYNESISのWeb UIに対応しているブラウザを教えてください。

A

推奨しているブラウザはFirefoxです。

その他のブラウザをご利用された場合、表示にずれなどが生じる可能性があります。
不明点がありましたら弊社サポート窓口までお問い合わせください。

関連FAQ:SSS| SYNESISを再起動・シャットダウンする方法を教えてください。
関連FAQ:SSS| RADIUS、TACACS+などの外部認証には対応していますか?

回答を閉じる

QSSS| SYNESISへアクセス可能な端末を制限をすることはできますか。

A
可能です。

OSのFirewall機能を使いアクセスを制限します。
以下は、指定したIPアドレス以外からのアクセスを拒否する場合の設定です。
 
  1. SSHでOSにログイン後、ssh、https、RDPに使用するポートを全て遮断します。ポートの遮断方法は管理者マニュアルをご参照ください
     
  2. 下記コマンドを実行して特定のIPアドレスのみ指定した通信ポートの使用を許可します(パスワード入力を求められた場合はOSログイン時に使用したパスワードを入力してください)

    $sudo ufw allow from <通信許可するIPアドレス> to any port <ポート番号>
     
  3. 下記コマンドを実行して②で指定したポートが追加されていることを確認します

    $sudo ufw status verbose
     
  4. 下記コマンドを実行してFirewallを再起動します

    $sudo systemctl restart ufw
 



関連記事:SYNESIS 取扱説明書・管理者マニュアル

回答を閉じる

QSSS| Synesisへのアクセス方法の種類を教えてください。

A

HTTPS(443), SSH(22), リモートデスクトップ接続(3389)によるアクセスが可能です。
その他でSYNESIS上で使用されているポートは取扱説明書「2.4 使用するポートの一覧」をご参照ください。
 

関連記事:SSS| SYNESIS 取扱説明書・管理者マニュアル

回答を閉じる

QSSS| 今使っているバージョンから直接最新版へバージョンアップはできますか?

A

現在ご利用のバージョンにより、バージョンアップの遷移が異なります。バージョンアップの際は以下をご確認の上、会員サイトから対象となるパッケージのダウンロードをお願いします。

3.5の場合:3.5→5.0→6.0
4.xの場合:4.x→5.0→6.0
5.0の場合:5.0→6.0

回答を閉じる

QSSS| RADIUS、TACACS+などの外部認証には対応していますか?

A
外部認証はRADIUSのみ対応しております。
以下に外部認証の設定手順を記載いたします。

【外部認証の設定手順】
  1. SYNESISへログイン後、画面右上部の歯車マーク>[システム]>[外部認証]の順番に移動します
  2. 画面左上部の"編集"ボタンをクリックします

  3. "外部認証を有効にする"にチェックを入れると外部認証に関する設定を入力できます
  4. 設定を入力後、画面下部の"保存"ボタンをクリックします


上記手順を実施することで外部認証が設定されます。
設定後は以下のようにログイン画面にローカル認証モードのチェックが追加されます。

回答を閉じる

QSSS| 管理ポートのIPアドレスを変更する方法を教えてください。

A

管理ポートのIPアドレスはブラウザから変更することが可能です。
以下に管理ポートIPアドレスの変更手順を記載いたします。
 

【管理ポートIPアドレス変更手順】
  1. ブラウザを開き、https://<管理ポートIPアドレス>/mgmt/ へアクセスします
    (ユーザ名/パスワードの入力が求められるので入力してください。デフォルトのユーザ名/パスワード:admin/synesis1)
  2. 画面上部の"Network(IPv4)"タブへ遷移します
  3. 変更する管理ポートの"IP Address"、"Netmask"を入力します
  4. 画面右側の"Update"ボタンをクリックします
  5. クリック後は設定が即時反映されます。本体の再起動は必要ありません。SYNESISの動作への影響はありません。

回答を閉じる

QSSS| SYNESIS上でのNTPの時刻同期モードを教えてください。

A

NTPの時刻同期は次のモードで動作します。

  • NTPサーバとの時刻差が何であっても同期は中止しません
  • 常にSlewモードで動作します

NTPの設定手順に関しては"SSS| 時刻同期の設定方法がわかりません"を参照ください。

回答を閉じる

QSSS| ポータブルタイプでもリモートデスクトップ接続は可能ですか?

A

可能です。
バージョン3.5以降からポータブルタイプでもリモートデスクトップ接続ができるようになりました。

関連FAQ:
SSS| SYNESIS クイックスタートガイド
関連FAQ:
SSS| リモートデスクトップ(RDP)でアクセスができません。

回答を閉じる

QSSS| OSのセキュリティパッチやカーネルをユーザがアップデートしてもいいですか?

A

当社からご案内したセキュリティパッチやカーネルであれば問題ありません。

それ以外の適用をお客様自身で実施した場合、正常動作の保証はいたしかねます。 また、アップデート作業は原則お客様に実施していただきます。

手順書は当社からご提供します。

また、Synesisのバージョンアップについては、下記リンクをご参照ください。
SSS| SYNESISのバージョンアップ方法を教えてください。

回答を閉じる

QSSS| SYNESISを再起動・シャットダウンする方法を教えてください。

A

次の方法で再起動とシャットダウンを行えます。

■UbuntuのGUI(Desktop)から実施する場合
右上の電源マークをクリックし、「Shut Down...」をクリックします。
表示されるウインドウのいずれかのボタンをクリックします。
再起動:Restart
シャットダウン:Shut Down

■CLI(コマンド入力)で実施する場合
SSHでUbuntuへアクセスし、以下のコマンドを入力します。
パスワードを求められた場合はパスワードを入力します。
再起動:sudo shutdown -r now
シャットダウン:sudo shutdown -h now

∗リモートデスクトップからUbuntu OSのGUI上からのシャットダウン/再起動には対応していませんのでご注意ください。
実施した場合、Ubuntu OSが正常に起動しなくなる可能性があります。

関連FAQ:
SSS| SYNESIS 電源On・Off_サービス・OS再起動手順書
関連FAQ:
SSS| SSHでアクセスができません。

回答を閉じる

QSSS| SYNESISからアラームを検知しました。考えられる原因を教えて下さい。

A
SYNESISからお客様の監視装置にアラームが送信される機構は、次の3種類があります。
条件 OD
事前に設定したSYNESIS「アラート機能」のしきい値を超えた場合 1.3.6.1.4.1.36875.xx
(SYNESIS固有MIB)
SYNESIS「キャプチャオプション」の通知設定を有効にした場合
(自動保存、リンクステータス、ドロップ)
1.3.6.1.4.1.36875.xx
(SYNESIS固有MIB)
iDRACポート「アラート設定」を有効にしている場合
(ラックマウントモデルのみ)
1.3.6.1.4.1.674.10892.xx など
(DELL固有MIB)
 
上記の設定に心当たりがあるか確認をお願いします。

回答を閉じる

QSSS| SYNESISではIPv6アドレスをフィルタすることはできますか?

A

可能です。

フィルタ設定画面の「IPフロー」または「フロー」欄で、IPv4もしくはIPv6を入力してください。

キャプチャフィルタ : IPフロー欄
保存フィルタ : フロー欄

回答を閉じる

QSSS| NTPサーバとの同期ではなく、OSの時刻を手動で変更する方法はありますか?

A

あります。作業用PCからSSHで接続して以下のコマンドを実施ください。

$ sudo date -s "12/31 15:00 2018"

*)上記は2018年12月31日15時00分に設定する場合の例です。
*)必ずキャプチャ停止中に実施してください。
*)デフォルトのOSアカウントは「synesis/admin」です。

回答を閉じる

QSSS| 複数ユーザで同時にログインしたとき、使用上の注意点はありますか?

A

はい。各ユーザの操作は排他制御ではありません。

他のユーザによる設定を変更したり、他のユーザが開始したキャプチャを停止させることも可能ですので、ご留意ください。

回答を閉じる

QSSS| キャプチャしたSSLのデータを復号化することは可能ですか?

A

Synesis上では、SSLデータを復号化し、表示させることはできません。
復号化は、Wiresharkなど他のソフトウェアで実施してください。

回答を閉じる

QSSS| 複数の回線速度を同時にキャプチャすることは可能ですか?

A

可能です。回線速度を正しく表示させるため、Synesis GUIの[エージェント]>[オプション]>[チャネル設定]から"マニュアルラインスピード"の変更をお願いします。

回答を閉じる

QSSS| Synesisで使用できるSNMPのバージョンを教えてください。

A
v1、v2cに対応しています。

回答を閉じる

QSSS| OSのアップデートやパッチ適用可否に関する情報は提供されますか?

A

提供されます。ただし、保守契約を締結しているお客様に限ります。

当社が影響度・重要度が高いと判断する脆弱性などが発見された場合は、その問題を解消するOSまたはパッチの適用可否を確認(検証による動作確認)し、情報を提供します。

回答を閉じる

QSSS| OSのアップデートやパッチ適用を実施しても、 引き続きサポートを受けられますか?

A

はい。当社がご案内したOSへのアップデートやパッチを適用された場合は、引き続きサポートを受けられます。

ただし、当社がご案内していないOSへのアップデートやパッチを適用された場合は、以後のサポート承れませんのでご注意ください。

回答を閉じる

QSSS| ソフトウェアフィルタをCLIのコマンドやファイルの読み込みなどで一度に複数作成することは可能ですか?

A
できません。ソフトウェアフィルタは手動で設定していただく必要があります。

回答を閉じる

QSSS| ユーザが用意したトランシーバは使えますか?

A
使える可能性はありますが、当社が提供するトランシーバ以外を使用された場合、当社ではSynesisの性能や安全性を保証することができません。そのため、当社販売品をご利用いただくことを推奨しております。

回答を閉じる

QSSS| Synesisで算出している回線の使用率について、算出方法を教えてください。

A

キャプチャカードから受信バイト数と受信パケット数を取得し、計算しています。

キャプチャカードから受信バイト数と受信パケット数を毎秒取得して、下記の式で計算しています。この計算にはIFGやプリアンブルを含めています。

{(受信バイト数+20×受信パケット数)× 8 ÷ 回線速度(bps)} ×100

回答を閉じる

QSSS| エージェント画面に表示されるグラフプロットの算出方法を教えてください。

A

1プロットの算出方法は以下の通りです。

エージェント画面に表示されるグラフのデータポイントは、そのポイントを表す時間幅の平均値を採用しています。

例えば、1プロットが5分間のデータを表す場合は、5分間の合計トラフィック量を300秒で割った値がグラフに表示されます。

1プロットの間隔は、キャプチャ時間によって動的に変化します。

回答を閉じる

QSSS| キャプチャしたデータはバージョンアップ後も引き継がれますか?

A

引き継がれます。

詳しくはバージョンアップパッケージ内の手順書をご参照ください。
手順書は会員サイトからダウンロードいただけます。

新規会員登録/ログインページ

回答を閉じる