SYNESIS

よくあるお問い合わせ

ID.

Q. SSS| SNMPを用いてSYNESISの状態監視をすることは可能ですか?

A.


可能です。
SYNESISは標準MIBに対応しています。
SNMPポーリングの宛先をSYNESISの管理IPアドレスに設定することで、 CPUやメモリ、HDD残量などを監視することができます。

●設定手順
1. SSH等のコマンドラインでSYNESISへアクセスします

2. 下記コマンドを実行し、snmpの設定ファイルを表示します
  >sudo vi /etc/snmp/snmpd.conf

3. 出荷時はlocalhostからのみアクセスが許可されているため、利用環境に合わせて設定変更をお願いします。

変更前
# Listen for connections from the local system only
agentAddress udp:127.0.0.1:161
# Listen for connections on all interfaces (both IPv4 *and* IPv6)
# agentAddress udp:161,udp6:[::1]:161
recommunity public default -V systemonly
recommunity6 public default -V systemonly

変更後
# Listen for connections from the local system only
# agentAddress udp:127.0.0.1:161
# Listen for connections on all interfaces (both IPv4 *and* IPv6)
agentAddress udp:161,udp6:[::1]:161
recommunity public default
recommunity6 public default

 

<< よくあるお問い合わせに関するFAQ一覧へ戻る