Spirent TestCenter

トラフィック解析/保存

ID.

Q. NCS| [ana-0008] "送信数-受信数"とDropped Countの結果が異なりますがなぜですか?

A.


‘Dropped Count’の仕様は下記になります。

  • 最初のフレーム到着前と最後のフレーム到着後のロスを計上しません。
    (例:送信順:1、2、3、4、5 → 受信順:2、3、4 の時 Dropped Count = 0)。
    そのため、この部分でフレームロスが発生した場合、"送信数-受信数"とDropped Countの不一致が生じます。

    *‘Dropped Count’をサポートしていない筐体もあるのでご注意ください。(DX-xxモジュールやSPT-C1等)
    (Dropped Countの仕組みは、【ana-0014】を参照)
キーワード:
カウンタ, Dropped Count, フレームロス

<< トラフィック解析/保存に関するFAQ一覧へ戻る