EMC/大型アンテナ
IR情報 会社情報

アクセサリ

  • 妨害電力自動測定システム用アブソービング・クランプ走行装置 MAC600G型
    1

    妨害電力自動測定システム用アブソービング・クランプ走行装置 MAC600G型
    東陽テクニカ

    妨害電力自動測定ソフトウェアEP5/RFPを使用して、この吸収クランプに自動走行装置を付加し、各種測定器と共にGPI B制御を行なうことにより、放射ノイズの周波数・レベル・輻射位置を自動測定します。

  • NS4900シリーズ RFセレクタ
    1

    NS4900シリーズ RFセレクタ
    東陽テクニカ

    NS4900シリーズは、8(または10)のスイッチ(SPDP)で構成されているRFセレクタです。

  • マイクロ波プリアンプ TPAシリーズ
    1

    マイクロ波プリアンプ TPAシリーズ
    東陽テクニカ

    TPA シリーズ プリアンプは1GHz を超えるEMI 測定で要求される高ゲイン、低ノイズフィギュアを実現しました。計測室内に設置しても充分な感度でEMI 計測を行うことが出来ます。また小型な為、電波暗室内ピットや受信アンテナ直下にも設置可能です。

  • プリアンプ 310型、317型など
    1

    プリアンプ 310型、317型など
    Sonoma Instrument Co.

    SONOMA社のプリアンプは、スペクトラムアナライザ内蔵のプリアンプに比べ、低ノイズフィギュア、高ゲインを提供します。

  • インピーダンス安定化回路網(ISN)
    1

    インピーダンス安定化回路網(ISN) 
    Teseq AG (AMETEK)

    インピーダンス安定化回路網(ISN)は情報機器の伝導コモンモードノイズをCISPR22(EN55022)に基づいて測定するための結合/減結合回路です。

  • 誘電率測定システム Di-Line
    1

    誘電率測定システム Di-Line
    IndexSAR Ltd.

    トランスミッションテクニックは開放端同軸ラインセンサーを使用した反射測定と比較して確度を向上することができます。IndexSAR社ハードウエアは、可能な限りシンプルな測定手順を行うよう設計されています。
    ソフトウエアの機能は、測定確度の確認をするリファレンスリキッドの評価・比較するターゲット値との比較・測定データの処理機能をフレキシブルに所有しています。

  • コムジェネレータ/広帯域ノイズジェネレータ
    1

    コムジェネレータ/広帯域ノイズジェネレータ

    EMC測定システムの事前評価やシールド効果の測定に非常に有効なツールです。

  • 放射パターン測定用ファントム IXB-050
    1

    放射パターン測定用ファントム IXB-050
    IndexSAR Ltd.

    ヘッドファントムは、IEC/CENEREC/IEEEのSAR規格で提供されているデータに適合しております。ハンドファントムは、シリコンラバーおよびカーボンファイバをベースにした非水溶性の素材を使用しております。

  • コムジェネレータ CGシリーズ、CGOシリーズ、CGCシリーズ
    1

    コムジェネレータ CGシリーズ、CGOシリーズ、CGCシリーズ

    Com-Power社のコムジェネレータは、周波数レンジ、ステップサイズのラインナップが多く、適切な製品を選択することが可能です。

  • EMIレシーバ校正用パルスジェネレータ IGUU2916型
    1

    EMIレシーバ校正用パルスジェネレータ IGUU2916型
    Dipl.-Ing.G. Schwarzbeck - Mess Elektronik e.K.

    CISPR16で規定されているEMIレシーバのQP検波器のパルス応答特性をチェックできるのが、シュワルツベック社のインパルスジェネレータです。
    パルス電圧密度(MIL)測定レシーバの校正にも使われます。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。