EMC/大型アンテナ
IR情報 会社情報

キャリブレーション・ラボラトリー

ISO/IEC 17025校正サービス, 東陽テクニカ標準校正サービス

 ● EMIレシーバは、計測器メーカを問わずパフォーマンス・テストに基づくISO/IEC17025認定校正が可能(フル校正オプション)
 ● ISO/IEC17025認定の校正証明書を添付した代替測定器を準備
 ● 校正/修理から測定システムの保守/不具合調査まで、トータルでEMC測定システム、機器をサポート
 ● EMIレシーバなどはファームウェアのアップグレードサービスも実施可
 ● お客様のご予算に合わせて、3種類の校正方法を提供


弊社の「キャリブレーション・ラボラトリー」は米国認定機関A2LAより2005年に校正分野のISO/IEC17025認定を取得し(実績は10年以上!!) 比類ない高周波専門エンジニアに裏付けされた技術により、お客様から高い信頼と評価をいただいております。

お問い合わせ先と校正の流れ
校正のお申し込みから作業完了までの流れは以下のようになります。
Calflow.png
 
校正費用、納期はご希望の製品や測定内容によって異なります。まずはお見積もりあるいはお打合せのご希望を、EMC/RF 計測器校正サービスのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
校正内容詳細
【ISO/IEC17025 認定スコープ】

ISO/IEC17025認定
認定機関 米国 The American Association for Laboratory Accreditation (A2LA)
認定番号 A2LA 2296.01
校正範囲 高周波計測器、DC電圧、AC電圧、抵抗、周波数 ※詳しくはこちらをご覧ください

 
【校正実績製品・標準納期】 
代表的な校正実績品と納期です。この他にも数多くの製品の実績があり校正実施可能です。ご相談ください。

▼ クリックで展開

【トレーサビリティチャート】 
※ レイアウト、掲載内容等は予告無く変更することがあります。
※ 見本の色は実際の色とは多少異なることがあります。
トレーサビリティチャートISO17025
【データシートサンプル】 
※ レイアウト、掲載内容等は予告無く変更することがあります。
※ 見本の色は実際の色とは多少異なることがあります。
※本証明書は校正料金に含まれます。(2部目以降は追加料金を賜ります)
Sample 標準校正 不確かさ無し
Sample 標準校正 不確かさ有り
Sample ISO/IEC 17025

 
測定場所:東陽テクニカ電子技術センター内「キャリブレーションラボラトリ」
平成17 年4月21日付けで米国校正・試験所認定協会 A2LA(The American Association for Laboratory Accreditation)より、 国際標準規格「ISO/IEC17025」に適合する校正機関認定を「高周波分野」で取得いたしました。EMIテストレシーバ・スペクトラムアナライザ・ 信号発生器・パワーメータを始めとする高周波測定器(40GHzまで)やアクセサリーの、ISO/IEC17025及び標準校正業務を提供しております。 皆様のご利用をお待ちしております。
Callab.png   pic-facilities02.jpg
作業風景   東陽テクニカ・キャリブレーションラボラトリの風景
お問い合わせ先:キャリブレーションラボラトリ
TEL :0120-701-040(フリーダイヤル)
WEBからお問い合わせの方はこちらから
Mail :cal-lab@toyo.co.jp
 
 

PAGE TOP