Riverain Techonologies

胸部X線経時差分ソリューション 『ClearRead +Compare』

現在・過去に撮影された2枚の胸部X線画像から骨組織を透過、さらに経時差分処理を実施

検診、ドック、経過観察など様々なシーンで胸部X線読影を強力にバックアップ

東陽テクニカ ClearRead +Compareはベース技術であるClearRead BSとともに動作する経時差分技術です。
ClearRead BSにより生成された現在・過去の骨組織透過画像に差分処理を施すことにより、経時的に変化があった部分を強調表示する画像を生成します。


販売名:胸部X線骨組織透過処理システム ClearRead XR
医療機器認証番号:301AOBZX00003000

 

*****
本ページは医療関係の方をご利用対象者とした情報提供を目的としております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
*****

経時差分処理お試しはこちら

特長

胸部X線画像においても、同一患者の現在・過去比較読影は重要な作業のひとつです。
検診等で撮影される膨大な胸部X線画像に対し、精度の高い読影を効率的に実施するためのソリューションとして 東陽テクニカからClearRead +Compareをご提案します。
ClearRead +Compareは、ベース技術であるClearRead BSとともに動作する経時差分処理技術です。 ClearRead BSにより、肋骨、鎖骨などの骨組織を透過させた現在・過去画像を生成し、 それらの画像に差分処理を施すことにより、経時的に変化があった部分を強調表示する画像を生成します。 これにより、わずかな病変の検出を支援し、診断精度の向上や読影時間の短縮などに貢献します。

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

ClearRead +Compareの特徴

  • 現在・過去に撮影された胸部X線画像から骨組織を透過し、経時差分画像を生成
  • 高精度な位置合わせアルゴリズム
  • 骨組織透過画像での差分処理により、肋骨影の走行に起因するアーチファクトを低減
  • 現在、過去画像の位置比較を容易にするRegistered Prior画像生成機能
  • 撮影装置やメーカに依存しない画像処理を実現
  • 人の介在は一切不要 全自動画像処理
  • 院内のネットワーク環境に容易に接続 画像は院内PACSビューアにて表示可能

システム構成

  • ClearRead BS ソフトウェア
  • ClearRead +Compare ソフトウェア
  • ClearRead 専用画像処理サーバー

カタログダウンロード

ClearRead +Compareカタログ

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

ClearRead +Compare臨床評価資料

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます