Riverain Techonologies

胸部X線骨組織透過ソリューション 『ClearRead BS』

胸部X線画像から骨組織を透過させ、肺組織の視認性を大幅に向上
肺結節や異常陰影の見落とし防止、検出率向上への期待

東陽テクニカ ClearRead BSは院内で撮影される胸部X線画像に対し肋骨・鎖骨等の骨組織を透過させ 、肺組織の視認性を向上させる独自の画像処理技術です。骨組織に重なり検出が困難であった肺結節や異常陰影の視認性を飛躍的に向上させます。


販売名:胸部X線骨組織透過処理システム ClearRead XR
医療機器認証番号:301AOBZX00003000

 

*****
本ページは医療関係の方をご利用対象者とした情報提供を目的としております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
*****

骨透過処理お試しはこちら

特長

院内で日々増加する胸部X線画像。CT、MRが普及した今日でも胸部X線画像は一次診断、スクリーニングを行う検査として非常に重要な役割を果たしています。
しかし、その重要な役割と比して高い受診率とは対照的に胸部X線画像を読影する医師の数は減少傾向にあり、限られた数の医師が検診等で撮影される膨大な胸部X線画像を正確かつ効率的に読影することは全国の医療機関が頭を悩ませる問題となっています。

東陽テクニカが提案する骨組織透過ソリューション ClearRead BSはそんな医療機関が持つ胸部X線画像に関する課題を解消する他に類を見ない画像処理ソリューションです。

画像処理例 (画像をクリックすると拡大表示されます。)

  • 肺組織の視認性を劇的に向上させる骨組織透過処理
  • 骨組織透過に加え、画質改善処理を同時実施
  • 人的介入が不要な全自動画像処理
  • 1枚の画像から骨組織透過処理を実現
  • 国内外あらゆるメーカ製撮影装置からの画像を処理可能
  • 院内のネットワーク環境に容易に接続可能

システム構成

  • ClearRead BS ソフトウェア
  • ClearRead BS 専用画像処理サーバー

カタログダウンロード

ClearRead BSカタログ

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

ClearRead BS 臨床評価資料

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます