整形外科デジタルプランニングツール mediCAD
兵庫医科大学様 導入事例

多様化する膝周囲骨切り術に術前計画は欠かせない。
mediCAD があれば簡単でスピーディーに術前計画が立てられる。

 

兵庫医科大学 整形外科学教室 講師
中山 寛 先生

日本国内において40歳以上の変形性膝関節症の有病者数は2500万人に達し、さらに80歳以上の女性においては80%以上が変形性膝関節症であると言われています。

その治療法の1つである膝周囲骨切り術は術後に高いアクティビティの継続が可能であり、近年、症例数が飛躍的に増加しています。

本学では膝周囲骨切り術を年間200症例以上行っていますが、多様化する膝周囲骨切り術に術前計画は欠かせません。
簡単でスピーディーに術前計画が立てられるmediCADは必需品です。

多様化する膝周囲骨切り術

現在、膝周囲骨切り術にはさまざまな術式があります。以前は高位脛骨骨切り術(high tibial osteotomy:HTO) が主流でしたが、変形部位で矯正することの重要性が指摘されるようになり、遠位大腿骨骨切り術(distal femoral osteotomy: DFO)や大腿骨・脛骨の骨切りを同時に行うdouble level osteotomy (DLO) も選択肢として加わってきました。

さらにHTO の中でも内側を 開いて矯正するopen wedge HTO(OWHTO) や、外側 から骨を楔状に切り短縮させて矯正するhybrid closed wedge HTO(Hybrid CWHTO)、粗面下で骨切りする distal tuberosity osteotomy(DTO)が存在し、さまざまな 変形に対し膝周囲骨切り術を適応できるようになっています(図1)。

図1. 膝周囲骨切り術の種類

選択肢が増えることは喜ばしいことですが、その分どの術式を選択するかが非常に重要となります。
術式を決める際に必要なのはまず患者の変形の状態をよく知ることです。

そのため大腿骨側の変形の指標であるmLDFA (mechanical lateral distal femoral angle)や、脛骨側の変形の指標であるmMPTA (mechanical medial proximal tibial angle) などの下肢アライメント計測をレントゲン画像上で行います。また、どの程度の矯正で変形が改善されるかを術前に予測することも必要なため、膝周囲骨切り術において術前計画は非常に重要です。

mediCAD による術前計画

本学では術前計画にmediCAD ソフトウェアを使用しています。

膝周囲骨切り術用の専用モジュールが用意されているため、ステップに沿って進めていくだけで簡単に術前計画を作成することが可能です。mLDFA やmMPTA などの下肢アライメント計測はもちろんのこと、骨切りラインやヒンジポイントを設定しさまざまな骨切りのシミュレーションを実施することができます(図2 (a))。

矯正角度を調整する際は下肢アライメントの変化をリアルタイムに確認できますので、下肢全体のバランスを考慮した術前計画をスピーディーに作成できます。また、操作手順をムービーで表示してくれるチュートリアル機能があり、初めて使用する人でも簡単に操作することができます(図2(b))。

図2. mediCADの機能

術前計画の例(略)

今後の展望(略)

本事例紹介の完全版をご希望の方は、下記よりお問合せ下さい。

 

資料請求