メディカルシステム
IR情報 会社情報

事例紹介

<導入事例>ClearReadによる経時差分処理導入の効果と必要性 -健診施設での使用例-

京都工場保健会様インタビュー

ClearReadによる経時差分処理導入の効果と必要性

-健診施設での使用例-


健診施設における胸部X線画像。それは最も汎用的な検査の1つであり、日々膨大な数の検査が実施されています。その反面、読影を行う医師の数は限られており、長時間の集中力の維持や読影時の心的負担など、その負担はますます大きくなっています。そのような課題の解決に取り組んでいる施設として、国内でも有数の検査数を誇る京都工場保健会の医師、技師に話を聞きました。

 
PDF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89.png

   
  
%E9%BD%8B%E7%94%B0%E5%85%88%E7%94%9F%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3.png


ClearRead%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89.png

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

アーカイブ

  • <導入事例>整形外科デジタルプランニングツールOrthoPlanner Pro

    整形外科デジタルプランニングツール OrthoPlanner Pro
    導入事例 / 医療法人ここの実会 嶋崎病院 様


    「外傷疾患にまで対応するテンプレートシステムは他社にない魅力。
     精度も非常に高く、術前計画に不可欠なツールです。


    茨城県日立市の嶋崎病院は、昭和21年に嶋崎賢氏によって創設され、平成2年に、 医療法人ここの実会 嶋崎病院に改組。 診療科目は整形外科、形成外科、リハビリテーション科で、急性期病床47床。地域医療を密に、お年寄りからスポーツ選手まで対応し、年間1300例の手術を行っている。

  • <導入事例>感染性医療廃棄物処理装置DISPOPAC

    感染性医療廃棄物処理装置DISPOPAC
    導入事例 /社会福祉法人 恩賜財団 済生会 富山県済生会富山病院 様


    感熱圧縮型の滅菌機「DISPOPAC」導入で院内外の衛生環境づくりに貢献

    済生会富山病院は2011年より、感熱圧縮型の滅菌機「DISPOPAC」を導入している。導入のきっかけになったのは感染性廃棄物の急増とそれによる処理費用の増加だったが、コスト削減はもちろん、安全性向上や廃棄物の保管スペースの縮小など、多方面でメリットが生まれている。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。