<導入事例>ClearReadによる経時差分処理導入の効果と必要性 -健診施設での使用例-

京都工場保健会様インタビュー

ClearReadによる経時差分処理導入の効果と必要性
-健診施設での使用例-

健診施設における胸部X線画像。それは最も汎用的な検査の1つであり、日々膨大な数の検査が実施されています。その反面、読影を行う医師の数は限られており、長時間の集中力の維持や読影時の心的負担など、その負担はますます大きくなっています。そのような課題の解決に取り組んでいる施設として、国内でも有数の検査数を誇る京都工場保健会の医師、技師に話を聞きました。