物性/エネルギー
IR情報 会社情報

強誘電体評価システム

                                                
   
バーチャルグラウンド・ローノイズQV/IV変換器や強誘電体評価ソフトウエアを自社開発。微小キャパシタからバルクの高電圧印加分極測定まで、プローバや付帯装置を含めたトータルなソリューションを提供します。  
 
(株)東陽テクニカ 理化学計測部
201508262145_2.png
お問合せ・お見積希望デモ希望
 
  • NEW

    強誘電体評価システム FCE10シリーズ
    1

    強誘電体特性評価システム FCE10シリーズ
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    FCE10シリーズでは従来の強誘電体特性評価システムのハードウェア・ソフトウェアを刷新。より高速で正確な測定と優れたユーザインターフェイスを実現しました。
    電圧拡張や変位計、プロービング、温度・雰囲気等環境変化など、さまざまなオプションを用意しており、非常に拡張性に富んだシステムを構成することができます。
     

  • e31正圧電・逆圧電評価システム
    1

    e31正圧電・逆圧電評価システム
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    業界初のIEC規格準拠、e31正逆圧電定数測定システム。
    ​簡便なカンチレバーサンプルでの圧電特性評価を可能にします。

    2018年4月リリース予定(開発中)

  • FCE-1/1A型 強誘電体特性評価システム
    1

    FCE-1/1A型 強誘電体特性評価システム
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    東陽テクニカでは、バーチャルグランドIV変換器・QV変換器、強誘電体評価ソフトウエアを自社開発。その技術を基にFCE-1型は、微少な強誘電体キャパシタの高分解能分極測定を高い再現性で行うことができます。微小キャパシタからバルクの高電圧印加分極測定まで、東陽テクニカではプローバや付帯装置等含めてトータルなソリューションを提供します。

  • FCE-PZ型 圧電体評価システム
    1

    FCE-PZ型 圧電体評価システム
    東陽テクニカ(強誘電体評価)


    本製品は製造終了となりました。
    現在は
    FCEシリーズFCE10シリーズのオプションとして統合されております。

    東陽テクニカの圧電特性評価システムは、FCE-1型強誘電体特性評価システムを核にして、それに様々な変位計・電圧増幅器・冶具オプションを組み合わせ、薄膜からバルクまで圧電評価が行えます。

  • FCE-PZ/PYR型 圧電体/焦電体評価システム
    1

    FCE-PZ/PYR型 圧電体/焦電体評価システム
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    本製品は製造終了となりました。

    ダブルビームレーザ変位計を使用し変位10nm以下の薄膜圧電素子のd33方向圧電変位評価や、薄膜・厚膜圧電素子のd31方向圧電評価を行います。また恒温槽、ホットチャック等の温度変化オプションにて温度を自動変化させ、エレクトロメータ等で微少な焦電電流を測定、評価できます。

  • FCE-HS1/2 型 高速特性評価システム(製造終了)
    1

    FCE-HS1/2 型 高速特性評価システム(製造終了)
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    東陽テクニカでは、高速広帯域バーチャルグランドQV変換器及び立上り時間2.5nsecのPUNDパルスジェネレータを開発しました。測定系はインピーダンスマッチングを考慮して設計されていますので、きれいな高速パルスの印加、測定ができます。

    ※この製品は製造終了しました

  • FCE-RET型 リテンション特性評価システム(製造終了)
    1

    FCE-RET型 リテンション特性評価システム(製造終了)
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    東陽テクニカでは、高速広帯域バーチャルグランドQV変換器及び立上り時間2.5nsecのPUNDパルスジェネレータを開発しました。これにより、20nsec パルス幅PUNDパルスによる分極波形を正確に収録する事ができ、さらにパラメータ算出も行える様にシステムを開発しました。

    ※この製品は製造終了しました。

  • 強誘電体評価システム オプション
    1

    強誘電体評価システム オプション
    東陽テクニカ(強誘電体評価)

    強誘電体評価システムのオプション一覧です。

PAGE TOP