物性/エネルギー
IR情報 会社情報

インピーダンスアナライザ

半導体、誘電体サンプルの幅広い周波数での誘電率測定ができます。誘電体測定では電荷蓄積能力(キャパシタンス)や電荷輸送能力(コンダクタンス)を測定し、高分子の誘電緩和、固体電解質のバルク・粒界抵抗などの重要な情報を得ることができます。さらに当社では4K~1200℃まで温度依存性の評価ができる各種温調オプション(クライオスタット、加熱炉、サンプルホルダ等)と組み合わせた計測システムとしてご提案することができます。
  • 4990EDMSシリーズ インピーダンスアナライザ
    1

    4990EDMSシリーズ インピーダンスアナライザ
    キーサイト&東陽テクニカ

    4990EDMSシリーズは、最大120MHzのインピーダンスアナライザと、当社取り扱いの周辺機器(極低温プローバー、クライオスタット、高温加熱炉等)を組み合わせて、自動温度制御でインピーダンス測定を行うシステムです。C-V測定によるキャリア移動度・欠陥の測定や固体電解質のインピーダンス測定による伝導度測定の自動温度制御を実現しました。

  • MTZ-35 35MHz インピーダンスアナライザ
    1

    MTZ-35 35MHz インピーダンスアナライザ
    Bio-Logic(バイオロジック/フランス)

    MTZ-35は、周波数範囲 10μHz~35MHz のインピーダンスアナライザです。セラミックスなどの誘電体材料のインピーダンス測定において周波数、DCバイアス電圧、AC電圧信号、温度の依存性を測定することは材料の特性を理解する上で重要な指標になります。

PAGE TOP