物性/エネルギー
IR情報 会社情報

精密充放電評価システム

リチウムイオン電池の劣化要因の1つとして電解液の酸化分解等の副反応により影響することが考えらます。この副反応を検出するためには高精度で電流制御できる特殊な充放電装置を利用して高精度にクーロン効率を求める必要があります。ダルハウジー大学のJeff Dahn教授は2010年にHigh Precision Coulombmetryの技術を確立し、Novonix社が市販の精密充放電測定システムの開発に成功しました。安定度抜群の恒温槽と組み合わせたシステム一式での提案ができ、真の精密充放電装置による寿命評価を行うことができます。
  • UHPCシリーズ 精密充放電評価システム
    1

    UHPCシリーズ 精密充放電評価システム
    NOVONIX(ノボニクス/カナダ)

    UHPCシリーズは、精密充放電試験(Ultra High Precision Coulombmetry)の略称で、カナダDalhousie大学のProf. Jeff Dahnが考案したリチウムイオン電池の寿命評価のための測定技術です。当システムでは、10ppm以下の安定度、50ppm以下の計測確度で精密充放電試験を行い、リチウムイオン電池の初期段階でわずかなクーロン量の差異による電池の副反応・寿命予測を評価することができます。

PAGE TOP