物性/エネルギー
IR情報 会社情報





多極ロータ品質管理システム「RMP 」 

Matesy GmbH [独国マテジー社]
多極ロータ品質管理システム「RMP 」
0
  • 1
  • ホールセンサー

    2
  • ホールプローブとロ

    3

RMP 多極ロータ品質管理システムは、永久磁石ロータの磁場をマッピングする唯一の測定装置です。
3軸のホールセンサーをはじめ、わずかな磁化構造・マイクロサイズの物質欠陥や亀裂を認識するための磁気光学モジュールなどの精密な機能を搭載しています。その高性能な磁気光学モジュールにより、リアルタイムで磁場構造の可視化が可能になります。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部 03-3245-1103
keisoku[at]toyo.co.jp

特長

・3軸のホールセンサー
・幾何学的高解像度を誇るリアルタイムの可視化



電気モータやクラッチ設定のほとんどのケースにおいて、異なった幾何学を持つ永久磁石は共通の中身を持っています。初動のリスクを少なくするために、ロータの磁場の振動やノイズは、精巧にデザインされなくてはなりません。Standard FEM toolは、アプリケーションによって理想的なロータ形状を見つけるのに役立ちます。)

しかしながら、現実問題として、磁場は、使用磁石の品質に左右されており、
それがFEM仕様に準拠しようにもコントロールしきれない要因の一つです。
RMPでは、磁場構造結果をコントロールするために、2つの異なったアプローチをとります。ホールプローブ(単軸と3軸)は、絶対的、精巧な磁束密度測定の際に使用されます。

さらには、幾何学的高解像度を誇るリアルタイムでの可視化は、磁気光学モジュールがたった一度で広い範囲の物質欠陥、磁場分布を抽出するのと並行して行われています。

 
 

仕様

  • 軸の精度:10 µm
  • センサー: 3軸 ホールセンサー、 磁気光学センサー
  • スキャンスピード(3軸ホールセンサー):1 mm/s (高さ方向)
  • 高分解能 (磁気光学モジュール)
  • 最大ロータ直径: 300 mm (高さ) & 400 mm (直径)
  • PCによるコントロール&評価

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。